NOZOMI ISHIGURO Haute Couture、2012-13秋冬の最新コレクション

写真拡大

 「NOZOMI ISHIGURO Haute Couture(ノゾミ イシグロ オートクチュール)」が、新宿歌舞伎町のキャバレー「ニュージャパン」跡地を会場に、2012-13年秋冬コレクションを発表した。デザイナー石黒望は、不安を抱えた今から逃げ出す気持ちから、「TABOO」をテーマに掲げた。自由な曲線のカッティング、あえて縫い目を見せる仕様、ダークなムードと対照的なコミック柄など、服における様々なタブーを犯した。ショーの最後に使用した曲は、三上寛の「夢は夜ひらく」。石黒が、これまで使いたくても使えなかったという禁断の曲を、現実と非現実が混ざり合う空間に響かせた。


NOZOMI ISHIGURO Haute Coutureのコレクション画像を見る