無残! ガジェット通信記者の新『iPad』が破壊される 修理にいくらかかるのか?

写真拡大




3月16日に発売されたばかりのアップルの新『iPad』。記者は発売日にゲットし素晴らしい解像度のディスプレーを眺め楽しんでいたら某有名『ニコニコ生放送』生主の横山緑が、「48時間ウォーキングやるんですよ、それ貸して下さい」と泣きついてくるのであった。

『iPad』で「48時間ウォーキング」に挑もうというわけだ。『iPad』は軽量かつ大容量バッテリー。外配信にも向いているデバイスではないのだろうか。そんなわけで彼にこの『iPad』を貸して『ニコニコ生放送』アプリの使い方も説明し、無事48時間生放送当日を迎えることとなった。

48時間ウォーキング生放送開始時、私は少し心配しながら現場にいたわけだが、その日はあいにくの雨。配信用機材(このとき貸していたパソコンも私のもの)も雨に濡れ、出発地点のニコニコ本社からも「迷惑だ」とのことで追い出され雨宿りすら不可能な状況となった。仕方なくニコニコ本社前の道路で傘をさしながら放送をしていると事件はおきた。

横山緑がさしていた傘がゲーム会社社長の頭にあたり「あ、すいません」と言った拍子に、横山緑が持っていた『iPad』が手からするりと落ちてアスファルトに転落。貸していた『iPad』である。もちろん私は目の前にいたので落ちた瞬間を目撃していた。このときは、ただ単に落ちただけだと思っていたが、この後ファーストフード店に入り『iPad』の設定をしようとディスプレイをのぞくと、割れているではないか。

先ほどは暗がりで割れたことに気づかなかったが、明るい場所だと鮮明に割れていることが分かる。しかも右下を強くぶつけたらしく、右下中心からヒビが広がっている。このとき私は「笑うしかない、ネタにするか」と諦めた。破損はディスプレーのヒビだけで、『iPad』そのものは使用可能。48時間ウォーキングはこの『iPad』を使用し継続された。

今日彼からiPadを見せてもらうと「本当にすいません、絶対弁償しますので」とぺこぺこしていたが、逆に悪い気がしてならなかった。ディスプレイ破損ってガラスリペアで2万円弱でいけるはずだが、新『iPad』の修理は難しいときく。まさにその通りらしく新『iPad』を修理している業社は少ないようだ。

非正規のリペアサービス業社ではなく、正規のアップルに問い合わせてみることにした。

記者 あのー割れてしまいまして……。本体は使えるんですけどね
担当 そうですか。
記者 修理に出したいんですけどおいくらいなりますか?
(しばらく調べる)
担当 ディスプレーの破損ですと2万5800円になります。

と、結構なお値段がするようだ。しかしこの割れた『iPad』を使うわけにも行かないので渋々修理依頼。アップルの親切サポーターさんにより運送会社が集荷に来てくれるとのことだ。今回は液晶保護シートを貼っていたのでバラバラにならずに済んだが、もし貼っていなかったらガラスがどうなっていたのか……。

ちなみに修理といっても、新品との交換になるとか。

【ニコニコ動画】暗黒放送P 地獄の48時間ウォーキング(春) (01)


※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。