【やらないか】山川純一を見出した男、伊藤文学

写真拡大

ウホッ!いい男…!

(画像:amazon.co.jpより)
(C)山川純一・ブッキング

皆様は「山川純一」先生という漫画家はご存知でしょうか?あるいは「くそみそテクニック」という短編漫画はご存知でしょうか?

今から約30年前、「月刊薔薇族」誌上にて多数の漫画作品を執筆してきた謎の漫画家「山川純一」先生。彼を見出したのが「月刊薔薇族」初代編集長「伊藤文学」さんなのです。

「くそみそテクニック」に代表される独特の語彙、ストーリー展開、70年代の少女漫画を彷彿とさせる画風、山川純一先生の作品は発表から20年以上経過した現在でも多数のファンを魅了しています。

※残念ながら山川純一先生は現在消息不明です。
伊藤文学と語る会さて「月刊薔薇族」の初代編集長である伊藤文学さん、現在月1回程度の頻度で座談会を開催しています。その名も「伊藤文学と語る会」。

伊藤文学さんは男性同性愛専門誌「月刊薔薇族」の編集長として著名であるのですが、その独特の感性に惹かれてなのか多方面で様々な交流をお持ちのようです。

前回の座談会では竜超さん(「薔薇族」2代目編集長)が登場してしますが、毎回ハプニング満載のようです。山川純一先生について語るのも面白いかも…。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

伊藤文学のひとりごと
ウホッ!!いい男たち~ヤマジュン・パーフェクト [コミック]

■関連記事
ハーゲンダッツジャパン、ミニカップ「ミックスベリー カスタード」など2品を夏季限定発売
【YouTube】中学生を追い回した暴走ドライバーが自殺か
日本通信、4Gに対応し自らがプランを変えていけるSIM「カメレオンSIM」を発売
【PSN】3/30〜メンテナンスを実施
【アニメ】「パパのいうことを聞きなさい!」第12話「彼等の出した答え」(ネタばれ注意)