ニュースの教室:10限目「足場の倒壊」 ―仕事の本質の境界が見える事故―

写真拡大

東松山市のマンションで、外壁に組まれた鉄製の足場が倒れた。
その下敷きになった園児2人のうち、北村波琉人ちゃんが死亡した。
なぜこんなにわかりやすい原因で、こんな惨事が起きたのか。
行政の横着、仕事に対する誇りの欠如、これが2大原因だろう。

外壁補修の足場は、高さ約10メートル、縦横約1.8メートル。
東日本大震災の影響で、外壁タイルの張り替えが必要だった。
午前中に足場を組み終え、メッシュシートを張り、作業員は帰った。
午後になって強風が吹き、シートが煽られ、足場が倒れた。
足場はマンション前の道路を歩いていた園児2人を直撃した。

各紙の報道や続報によると事故の原因は2つだ。
1.壁にボルトを打って固定する「壁つなぎ」の義務を怠っていた。
2.強風予報があったが風をはらむメッシュシートを外さなかった。

ところで、足場設置の適否を管轄するのは、各県労働局である。
組立て・解体までに60日以上かかる高さ10メートル以上の足場は、
労基署に計画書を、作業開始の30日前までに届ける必要がある。
転落や倒壊の防止策に不備があれば、労基署は業者に改善を求める。
埼玉県内8ヶ所の労基署では、昨年986件を受け付け、
そのうちの8割程度に、口頭で改善を求めたという。(3月19日読売)

しかし今回倒れた足場は、設置期間が数日と短いため、
届け出義務はなく、不備は事前に指摘されていなかった。
大きい足場の届け出の中で8割が不備を指摘されているのなら、
届け出のない短期・小規模の足場ではそれ以上の不備がありそうだ。
厚労省、県労働局は、なぜこの状況に目を塞いでいたのだろう。

しかしもっと大きな問題は、この事故の法的な扱われ方だ。
足場の「壁つなぎ」は労働安全衛生法で義務づけられている。
何のための義務づけかと言えば、作業員の安全のためだ。

労働関係の法律は概して労働者の保護を基本にしている。
だから25日に新日鉄君津製鉄所の足場落下で死傷者を出した事故は、
労働安全衛生法に拠って検証することになるはずだ。

東松山市の足場は、作業員にとっても危険だっただろう。
しかし犠牲になったのは、足場作業とは関係ない園児だった。
つまりこれは、労働安全衛生の問題ではなかったのだ。

作業者を守るための規制で、住民を守るにはムリがある。
作業者の危険と住民の危険とは、必ずしも同じではない。
これを一つに括って済まそうというのは、行政の横着だろう。

もう一つの大きな問題は、仕事に対する誇りの欠如だ。
仕事は生活の糧を得るためだけにあるのではない。
仕事で稼ぐには社会という舞台が必要で、
相手に利益を与えることで自分も利益を得る互恵活動なのだ。
より稼ぐことは相手により与えることで、ここに仕事の誇りがある。

手を抜き、力を惜しみ、相手に不利益や害を与えれば、
その上っ面は仕事に見えても、内実は窃盗に成り下がりかねない。
仕事と窃盗の境界にあるのは、法や規則ではない。
その仕事でより稼ごうとする人の、仕事への誇りだ。

「足場の組立て等作業主任者」は国家資格である。
危険な高所作業に、安全で効果的な環境を提供するための資格だ。
そのための知識、技術、現場経験がある者に与えられる資格だ。
しかし安全も効果的環境も生み出さない作業をするだけなら、
その資格に、その仕事に、どんな価値があるのだろうか。

文●楢木望
ビジネスエッセイスト/ライフマネジメント研究所所長
『月刊就職ジャーナル』編集長、『月刊海外旅行情報』編集長を歴任。その後、ライフマネジメント研究所を設立、所長に就任。採用・教育コンサルタント、就職コンサルタント、経営コンサルタント。著書に『内定したら読む本』など。