全米公開中の最新作『ハンガー・ゲーム』で、メディアへの露出が増えているジェニファー・ローレンス。雑誌の表紙にも引っ張りだこで、最近では『IO Donna』誌にも登場した。

紫のツイストトップにオレンジのスカート、ゴールドのパイソン(python、ニシキヘビ)皮のベルトというグッチの2011年春コレクションで、"セクシーな衣装に身を包んだ話題の女優"にしか見えないこの表紙。だがこれとまったく同じスタイルのジェニファーが、『FLARE』誌2011年6月号の表紙を飾っていたのだ。




どうやら表紙写真を"再利用"するのは珍しいことではないらしい。キャリー・マリガンがシャネルのクチュールに身を包んだ写真は、ファッション雑誌(アメリカ版『VOGUE』、ドイツ版『GLAMOUR』、そしてフランス版『ELLE』)に起用されたし、ケイト・モスの水着写真は少なくとも、異なる2誌の表紙に使われている。

ジェニファーの場合、『IO Donna』はRCSメディア・グループ傘下にあるイタリアの雑誌で、一方の『FLARE』誌はロジャース・デジタル・メディア所有のカナダのファッション雑誌だ。というわけでまったく接点がなさそうなこの2冊。果たして問題はないのだろうか。