マイクロン、Windowsの再インストールなしでHDDを高速化するキャッシュSSD

写真拡大

マイクロン ジャパンは28日、SSDをHDDのキャッシュに利用してパフォーマンスを向上させる「Crucial Adrenaline」を発表した。

4月上旬より発売し、店頭予想価格は10,000円前後。

64GBのMLC NANDフラッシュメモリを採用したSSDと、キャッシュソフトで構成。

PCにSSDをSATA接続し、キャッシュソフトをインストールするだけで利用可能。

OSの再インストールを必要とせず、最大で2〜8倍の高速化が可能だという。

キャッシュソフトをインストール後、頻繁に使用されるファイルをSSDに配置し、使用頻度の少ないファイルはHDDに配置する。

バックグラウンドで動作するためユーザーが意識して管理することはない。

キャッシュソフトは製品に添付されたパスコードを使用して、同社のWebサイトからダウンロードする。

SSDの容量は、64GB中の14GBを性能最適化に使用。

転送速度はリード最大500MB/s、ライト最大95MB/s、ランダム4kリードは最大45,000IOPS、ランダム4kライトは最大20,000IOPS。

インタフェースはSATA 3.0で、3.5インチベイ用のブラケットが付属。

本体サイズはW100.45×D69.85×H9.5mm、重量は75g。

対応OSはWindows 7。