ついに発表されたブラジルでのスタジアム・イベント。チェール・ソネンのブラジル滞在には相当な警護体制が必要になることが予想される

写真拡大

26日(月・現地時間)、6月23日(土・同)にリオデジャネイロの陸上競技場エスタジオ・オリンピコ・ジョアォン・アベランジェで、UFC147が開催されることがズッファより正式発表された。

ボタフォゴという人気サッカーチームの本拠地は、サッカー開催時で4万人以上を収容するが、昨年4月にトロントで行われたUFC129が作った5万5千人の観客動員記録のブレイクを狙う。「このイベントは今年、最大のスポーツイベントになる。NFL、NBAよりもUFC147は大きな大会だ」というダナ・ホワイトは、満を持してアンデウソン・シウバ×チェール・ソネンのUFC世界ミドル級選手権試合が同大会で実現することを明言した。

今回、ブラジル版TUFのコーチ対決=ヴィトー・ベウフォート×ヴァンダレイ・シウバ戦が組まれることも発表されたが、加えてTUFブラジルのミドル級とフェザー級ファイナル、さらにファブリシオ・ベルドゥム×マイク・ルソー戦などが行われる模様だ。

25日(日・同)より、ブラジル最大のTV局ヘジ・グローボでTUFブラジルのプログラムが始まり、UFC人気が高まる一方のブラジル。チェール・ソネンの登場は愛国心という部分でも、彼らの心を揺さぶるに違いない――2012年最大のイベントだ。
UFC147決定分対戦カード&詳細はコチラ