ユナイテッドアローズ コーヒー専門店併設でソラマチに出店

写真拡大

 ユナイテッドアローズが、ブランド初となるコーヒーショップを併設した「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ、以下B&Y)」を、東京スカイツリータウン®「東京ソラマチ®」にオープンする。コーヒーショップは、同店の店舗設計を行うランドスケーププロダクツ運営のコーヒー専門店「BE A GOOD NEIGHBOR」のショップインショップ。オープン日は5月22日を予定している。 UAがソラマチでコーヒー専門店併設の画像を拡大

 コーヒー専門店「BE A GOOD NEIGHBOR」は、東京・千駄ヶ谷にあるコーヒーショップ。テイクアウトの他、コーヒー豆やジューン・テイラーのジャムなども販売している。ユナイテッドアローズは、「NO.1の高感度ファッション専門店グループ」の地位確立を目指し、ファッション以外の生活雑貨、飲食など新ドメインへ進出する新たな取り組みとのひとつとして、「BE A GOOD NEIGHBOR」を併設。「東京ソラマチ®」の2階にオープンする「B&Y」内のコーヒーショップでは、コーヒーショップからイメージされるものとは異なり、厨房を広く見渡せ、コーヒーを淹れる姿をひとつのエンターテイメントとして見せる事で、出来上がりを待つ客同士が会話を自然と楽しめるような空間を目指す。 コーヒーショップを併設する「B&Y」では、メンズ・ウィメンズのコレクションの展開の他、スーベニアラインの立ち上げるなど、雑貨シェアを拡大。3階に出店する「UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)」では、ベビーカーでも買い物しやすい広い導線を確保、同じく3階に出店する「coen」ではトレンドを取り入れたアイテムをリーズナブルな価格で提供するなど、各店舗で観光客やショッピングセンター客層への対応強化を図る。