iPhoneがペットロボットになる『スマートペット』 バンダイが4月発売へ

写真拡大




スマートフォンやタブレットが普及する昨今、おもちゃの世界でもタッチパネルをモチーフにしたり実際にタッチパネルを搭載する製品が登場していますが、スマートフォンをペットロボットにしてしまう製品が発表されました。バンダイはiPhone/iPod touchが顔になって動くペットロボット『スマートペット』を4月28日に発売します。価格はオープン。

イヌ型ロボットの顔の部分がホルダーになっていて、無料の専用アプリ『smartpet』をインストールしたiPhone/iPod touchを取り付けると顔になって動き出すという仕組み。タッチパネルで操作するだけでなく、iPhoneならではの機能も搭載しています。

エサをあげたりシャンプーなどのお世話にはタッチパネルを利用。タップしたりドラッグ&ドロップでお世話したり遊んでいくと、“愛犬レベル”がアップ。新しい機能が追加されていきます。iPhone/iPod touchの音声認識と画像認識の機能も利用でき、手の動きや声の指示で前進・後進・回転などの動きやおしゃべり、芸をさせることも可能。Bluetoothで複数の『スマートペット』を連動させて、一緒に歌ったり踊ったりする芸や『スマートペット』同士の相性診断も楽しめます。

使用中に電話がかかってくると、自動でハンズフリーモードに切り替わり、イヌ型のハンズフリー電話として利用可能。骨型のアタッチメントをくわえさせると、イヌ型の形態のままでiPhone/iPod touch本体を充電できます。外出時は付属の耳付きケースに入れて持ち歩き、外でもお世話やゲームを楽しめば、ペットと一緒にお出かけ気分。

タッチパネルに表示する顔のイラストは、アプリに搭載する複数のものから選択できるほか、自分で撮影した写真を設定することも可能。友だちや家族、彼氏・彼女をペットにすることもできてしまうんですね……。CMキャラクターの黒木メイサさんの似顔絵も登録されているので、メイサさんのファンはチェックしてみるとよいかもしれませんよ。カラーはホワイトとブラックの2色をラインアップしています。

参考記事:
【東京おもちゃショー2011】顔のタッチパネルでふれあう『ココタッチペット』
http://getnews.jp/archives/124728