映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! オラと宇宙のプリンセス』の完成披露試写会が、25日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、キャラクターや声優陣が出席した。

舞台あいさつには、キャラクターのしんのすけ、みさえ、ひろし、ひまわりと声優陣の矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみが出席。

しんのすけが「こんなにたくさん来てくれてありがとう!」と元気にあいさつすると、集まった子どもたちから大きな歓声が上がった。

劇場版20周年となる同作に、しんのすけ役の矢島は「20年間、毎週1回アフレコをやっています。

これからも続けていけたら」と感慨深げ。

ひまわり役のこおろぎが「ひまわりは、ずっと0歳ですけど、私はどんどん年をとってしまって……」と告白すると、矢島は「頑張って生きようね!」と話して会場を笑わせていた。

イベントで、MCを務めていた羽鳥慎一フリーアナウンサーも声優出演しているそうで、「前はコナンくんが友達でしたけど、しんちゃんの映画にアナウンサーとして出てます」とアピールすると、アフレコを見ていたというしんのすけに「まあまあだったね」と肩をたたかれていた。

また、サプライズゲストで、仮面ライダーフォーゼが登場する場面も。

フォーゼは「映画の完成おめでとう! しんちゃんは、20年もやってて、永遠にヒーローだな」と祝福したが、「しんちゃんを見たら、僕たちの熱い戦いも見て」と、来月公開予定の映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』をちゃっかりPRし、しんのすけに「さらっと宣伝してるじゃーん!」と突っ込まれていた。

劇場版20周年作品となった映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』は、ある日、プリンのことで妹・ひまわりとケンカをしてしまったしんのすけが、ナゾの男に「ひまわり姫をお預かりします」と言われ、渡された紙にサインをしてしまう。

その紙は、ひまわりがヒマワリ星の姫にならなければ、地球もヒマワリ姫も消滅してしまうという”宇宙契約書”だった――という宇宙を舞台にしたストーリーで、4月14日から全国公開予定。