初開催「銀座ランウェイ」テーマはデニム 米倉涼子や枝野大臣がモデル出演

写真拡大

 東京・銀座の目抜き「中央通り」において初の屋外ファッションショー「GINZA RUNWAY(銀座ランウェイ)」が、3月24日に開催された。ゲストモデルとして米倉涼子さん、RIP SLYME(リップスライム)のSUさん、そして枝野幸男経済産業大臣が参加。100メートルのデニム生地が敷かれたランウェイに、様々なデニムスタイル約200体が登場し、周囲に約2千人の観客が集まった。 「銀座ランウェイ」初開催の画像を拡大

 「GINZA RUNWAY」は、東日本大震災から一年を機に、"ファッションで日本を元気にする"というメッセージを銀座から世界に向けて発信する初のイベント。経済産業省が推進している「CREATIVE TOKYO」構想の一環として、松屋銀座と銀座三越が共同で開催する「GINZA FASHION WEEK(ギンザファッションウイーク)」の会期中に、官民一体で開催された。初開催のテーマは「JAPAN DENIM」。 「珍しいキノコ舞踊団」のパフォーマンスでスタートしたショーは、「BEAMS GINZA(ビームス ギンザ)」、「マロニエゲート」、「銀座インズ」など銀座エリアに路面店を構えるショップ、そして「mintdesigns(ミントデザインズ)」や「20000000 fragments(トゥエンティ・ミリオン・フラグメンツ)」、「SOMARTA(ソマルタ)」、「sunaokuwahara(スナオクワハラ)」、「ISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)」など、「銀座三越」と「松屋銀座」の両店で展開されているブランドがスペシャルアイテムを発表。杉野服飾大学・ドレスメーカー学院、文化服装学院など服飾専門学校の学生による作品や、ラストを飾った子供服まで、日本製デニムを使用した様々なジャンルのスタイル約200体が登場した。フィナーレに子供達と手をつないで登場したのは、枝野幸男大臣。着用したデニムスーツは、ヨウジヤマモト社が特別に制作した。 出演者は、男女のモデル65名、学生モデル63名、中央区立 奏明小学校と仙台市 東四郎丸児童館の子供達25名、スペシャルゲストを含め、総勢155名。「GINZA RUNWAY」当日はあいにくの雨模様だったが、開催直前に雨が上がり、周囲には多くの立ち見客が集まった。子供達のモデルが登場したラストパートには日の光が差し込んで、周囲一体がライトアップ。ドラマティックなフィナーレとともに幕を閉じた。【開催前インタビュー】「銀座で屋外ファッションショーを実現したい」ギンザファッションウィーク仕掛人 太田伸之 http://www.fashionsnap.com/inside/gfw-nobuyukiota/