ももいろクローバーZが「スピンズ」で″イマドキ″ガールに!?『HARAJUKU KAWAii!!!! 2012 SPRING』で圧巻ステージ!

写真拡大

ももいろクローバーZ(以下ももクロ)といえば、「Z伝説 〜終わりなき革命〜」の戦隊ものをモチーフにしたPVに代表されるように、メンバー5人それぞれのカラーのコスチュームがおなじみ。

ですが、2012年3月24日に東京ビッグサイトで開催された「HARAJUKU KAWAii!!!! 2012 SPRING」では一味違いました。

この日、ももクロのメンバーは、古着からオリジナルまで幅広いラインナップを取り揃える「スピンズ」(SPINNS)のファッションショーに登場。それぞれのカラーに合わせた原宿・渋谷系の女子に人気の「プリシラ」(PRiSiLA)のウィッグを着用して、堂々のウォークを披露しました。

原宿ファッションがテーマとあって、この日のももクロも竹下通りで見かけても違和感ないスタイル。百田夏菜子が白ワンピース、玉井詩織がハート柄スカート、佐々木彩夏がト音記号が描かれたワンピース、有安杏果がストライブのシャツに柄サルエルパンツ、高城れにがデニム地のカーディガンといった"イマドキ"ガールに変身していました。その上で、リボンやスカーフなど、差し色に各名のカラーをさりげなく織り交ぜていたのがおしゃれ!

だが、そこはももクロ。ウォークが終了してすぐさま、「労働賛歌」のステージに移り、「スピンズ」スタイルのままハイテンションなダンスをはじめると、場内のファンも熱狂!

ウィッグを落として「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」がはじまると、色とりどりのサイリュームが振られ、会場は最高潮にヒートアップ。ももクロの5人も長いランウェイを狭しと踊るパフォーマンスで応えました。

圧巻だったのは「行くぜっ!怪盗少女」で、夏菜子が4人を連続で馬跳び!その後、息が切れた様子も見せずに歌う姿には、会場の至るところから「かなこぉ〜」という声が巻き起こりました。

この日集まった約6800人の観客の度肝を抜くステージを終えた5人。しおりんが「いつもは奇抜な衣装の私たちですが、こんなにかわいい衣装で踊れてうれしかったです」と女の子らしいコメントを寄せていたように、ファンだけでなくももクロ5人にとっても特別なイベントになった様子でした。

「スピンズ」

http://www.spinns.com/index.html