ドラマではおなじみだけど......「ルームシェア」、やってみたい?

写真拡大

海外ドラマなどでよく見かける「ルームシェア」。ここ最近、日本でも増えてきているみたいですが、いざ自分が「シェア」してみるとしたらどうでしょう。社会人男女300人にアンケートしたところ、「ルームシェアの経験がある」と答えた人が17人。283人が未経験という結果になりました。また、「未経験」と答えた人の中で「ルームシェアはしたくない」という声が86%と圧倒的多数。やはり日本の風土には合わないのでしょうか!? というわけで、「したくない」派、「したい」派、それぞれの意見をピックアップしました。

【「したくない」派――やっぱり"ひとりの時間"は譲れない!】
・「家では気を使わずゆっくりと過ごしたい」 (29歳/女性)
・「自分の生活のリズムや環境が崩されそうだから」(28歳/女性)
・「家族と暮らすのも大変なのに他人同士だとトラブルに発展しそう」(25歳/女性)

まずは、「したくない」派の意見を紹介。やはり「家に帰ってまで人に気を使いたくない!」という声が最も多く聞かれました。「トイレや風呂など気を使いそうだから」と、共有部分の衛生面を心配する人も。

【「したくない」派――楽しいことだけじゃない......】
・「1週間程度の期間限定なら楽しそうだと思うけれど、毎日のことを考えると大変そう」 (28歳/男性)
・「知人がルームシェアをしていたとき、部屋に置いてあった財布の中身が減っていたと言っていた。油断したらいろいろな物を失いそうで怖い」(26歳/女性)

「期間限定なら楽しそう」という意見もありましたが、日常を一緒に過ごすのには、信頼できる相手を選びたいですね。ほかには「恋人を気軽に呼べなくなる」という声も目につきました。

【「したい」派――濃厚な人間関係が楽しめる!?】
・「一人だと住めない少し広めのおしゃれなところに住んでみたい。二人だと気を遣いそうだから、もう少し多めの人数でシェアしてみたら楽しいかも!」(26歳/女性)
・「なかなか人と深く付き合う機会が減ってきているので、機会があればこういった形でいろいろな人と関わってみたい気もする」(28歳/女性)

「したい」派なかには、「新しい世界が広がりそう」と普通の友人関係ではなかなか体験できない、ルームシェアならではの濃密な人間関係に興味があるようです。ドラマみたいな素敵な恋が芽生えそう!なんて期待があるのかも。実際にシェアするとなれば、三人以上で住むことで、人間関係がこじれないようにしたい、という声も。

【体験者が語る、ルームシェアの魅力】
・「留学中の寮生活がめちゃめちゃ楽しかった。ルームシェアでわいわいしたい」(30歳/女性)
・「一人暮らしに比べて、気を使わなければいけないのは確かだけど、家賃が安くすむのはやっぱり魅力!」(32歳/男性)

「生活コストが削減できる」「防犯面で安心」など、メリットも多いルームシェア。欧米では広く受け入れられているようですが、日本ではまだまだ充分に普及していないのが現実。お互いにルールやマナーを守れれば、一人暮らしをするよりも、充実した生活が送れるのかもしれませんね。あなたは「したい」派、「したくない」派、どちらですか?
文●ジーソン(エフスタイル)

調査期間:2012年3月/アンケート対象:マイナビニュース会員/有効回答数 300件(ウェブログイン式)