今、“鉄道”がアツイですよね! と、書き出してみたものの、私自身は鉄道には全く疎く、女子の鉄道ファンを“鉄子”と呼ぶと知ったのも割と最近なくらいで、鉄道ブームとは無縁だと思っていました。ところが、今回紹介する映画を見て、実は私も“鉄子”の1人だったと気づいたんです。


 同じ列車に乗り合わせた、大企業「のぞみ地所」の社員・小町圭(松山ケンイチ)と、下町の「コダマ鉄工所」の二代目・小玉健太(瑛太)。ふとしたきっかけで言葉を交わした2人は、鉄道という共通の趣味を通じて仲よくなります。

 住まいにも“トレインビュー(鉄道が見える景色)”を追求する小町は、コダマ鉄工所の寮に住まわせてもらい、小玉と鉄道話のほか、恋愛についても語り合ったりしていました。ところが、小町は九州に転勤が決まり、また引っ越すことに。

 九州には、のぞみ地所がなかなか口説くことができない「ソニックフーズ」の筑後社長(ピエール瀧)がおり、小町もソニックフーズの担当の1人になります。そんな中、電車の旅を楽しみがてら、小玉が九州に遊びに来た時に、筑後社長も鉄道ファンだと分かり、3人は意気投合。さらに事態は、小玉の仕事にとっても思わぬ方向に好転し……。



 仕事の付き合いの範囲で出会うことは、ほぼあり得ない小町と小玉。同じ趣味を持つ者同士だからこそ生まれた人間関係が本当に微笑ましいです。

 2人は趣味はもちろん、仕事にも積極的に取り組み、成果を出していきますが、恋愛の方はどうもうまくいきません。お互いにアドバイスし合い、時には助け合ったりもしますが、相手が不快に思うほど踏み込んだりしないところが、見ていてグッときました。すごくラブリー男子な主人公たちです(笑)。


 私は、鉄道ファンといえば、駅のホームで電車の写真を撮ることに夢中な人たちをイメージしていたのですが、本作を見たら、小町のように電車に乗ってヘッドホンで音楽を聴きながら車窓風景を楽しむ人や(小玉はかなりマニアックなので見てのお楽しみ)、家の窓からトレインビューを堪能する人、駅弁好きの人でさえも鉄道ファンなのだと知りました。


 かく言う私は、昔から路線図を見るのが大好き。時間さえあれば何時間でも路線図(できるだけ広範囲のが好ましいです)を見つめて、どんな乗り換えをすればスムーズに移動できるか考えちゃいますし、乗り換えが分からない人がいると路線図を取り出して説明したくなっちゃいます。これってもう、まさに鉄子!(笑)

 駅のホームにいて新幹線が通れば思わず見てしまうのも、鉄子だったからなんですねぇ。私の家族には時刻表好きや、JR東日本の発車メロディーが好きな者、ラッピングトレインに興奮する者もいるし、鉄道ファンと言っても本当にさまざまです。みなさんも、きっと何かしら鉄子の部分を持っているのでは!?

 2011年の12月に惜しくも他界した森田芳光監督からの“ラストエール”となった本作は、心の底から楽しめて、見た後に幸せになれるコメディーです。10代の頃から、時に頭に「?」マークが浮かんだり、時に大笑いさせてもらったりした、独特の世界観を持つ森田監督作品が大好きでしたが、「僕達急行 A列車で行こう」も期待を遥かに超える傑作で、心に残る素敵な作品になりました。

「“鉄子”のお薦め映画」DVD紹介

「点と線」


 松本清張のベストセラー小説の映画化作品。情死を装った完全犯罪を、北は札幌、南は博多まで推理の糸を広げ、真犯人を突き止めていく本格推理映画の傑作。博多郊外にある香椎の海岸で、とある省庁の佐山課長補佐(成瀬昌彦)と料理割烹の女中であるお時(小宮光江)が、心中遺体となって発見されるが、所轄の鳥飼刑事(加藤嘉)は2人の死に疑問を抱く。警視庁の三原刑事(南広)は電車の運行表を調べ上げ、やがて省庁に出入りする安田(山形勲)という男が捜査線上に浮上するが……。時刻表を使ったミステリーとして忘れられない作品。

1958年/日本/南広、山形勲、高峰三枝子、志村喬東映ビデオ/DVD4725円/発売中
「アンストッパブル」


 実際の鉄道事故をベースに作られたサスペンス・アクション映画。操車場に停車中の貨物列車が、整備員のミスによって無人のまま走り出してしまう。全長約800メートルに及ぶこの列車には、大量の化学薬品が積み込まれていた。時速100キロ以上で走る“巨大ミサイル”のように、人口密集地の街へ向かって突っ走っていく貨物列車。現場近くに居合わせたベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)と、新米車掌のウィル(クリス・パイン)は、決死の覚悟で暴走列車阻止に立ち向かう。ごく普通の鉄道員がヒーローにならざるを得ない状況を描き、ヒューマンドラマとしても映画を堪能できる。

2010年/アメリカ/デンゼル・ワシントン、クリス・パイン
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン/Blu-ray2500円、DVD1490円/発売中