23日、女優・中山美穂がツイッターで反原発の姿勢を示していると、アサ芸プラスが報じており、ネット掲示板は中山美穂へのバッシングの嵐が吹き荒れた。

反原発を高らかに叫んだ芸能人として、俳優の山本太郎などが有名だが、今度はパリに移住している女優の中山美穂も原発の批判をはじめたようだ。彼女はもともと震災発生の直後に、被災地応援ソングを動画サイトで公開したり、宮城県の南三陸町などを極秘訪問していたが、ツイッターでも原発事故や政府の震災対応を激しく批判しているという[注]。

中山は今年ドラマの撮影で帰国した際、渋谷で脱原発に賛成する署名をしたときの状況もつぶやいている。

※以下、中山美穂のツイートから抜粋
日本はと言えば国会では菅下ろしの話ばかり。国民の意見は絶対にそこら辺の話に今拘っている人は少ないと思う。つべこべ言ってないで国会から全員被災地に行って来い!って思う

こっそりと、民意を無視する法案提出。しっかりと、見えるところでやっていただきたいけれど。努力して身を削って頑張っている人任せの空気、切ない。自分も含めて

私が署名した時は、他にたった一名。こんなに人がいるのに。マイクもあって、私がマイクを握れば良かったんだって、今思ってる。

この記事に対してネット掲示板では「フランスから高みの見物かよ。日本に住んでない奴にとやかく言われたくない」「売名行為にもほどがある」などと、普段はフランスで生活をしながらも日本に関する政治的発言を繰り返す中山美穂に対する不信感を示す声が相次いだ。

また「ミポリンも政治的な発言もするようになったか」「フランス住んでから変わっちゃったね」など、アイドル時代のイメージが強い中山の急な政治的発言に驚きを隠せないユーザーの書き込みが目立っている。

[注]
アサ芸プラスでは、中山は「@m_pokorin」という匿名アカウントで発信し、中山本人であることを正式には公表していないが、夫である作家の辻仁成氏など、有名人たちとのやり取りを見れば、中山本人が書き込んでいることは明らかだ、とされている。

【関連情報】
女優・中山美穂のアカウント(@m_pokorin)

東日本大震災「余震、いまだ止まず」(4) 中山美穂が“反原発ツイッター”になっていた (朝芸プラス)