バンダイビジュアル、「宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット」のBD&DVDを発売

写真拡大

(C)2009 ヤマトスタジオ/「宇宙戦艦ヤマト復活篇」製作委員会

バンダイビジュアル株式会社は、2009年12月に公開された劇場用アニメーション『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』を、故・西義展監督の遺志により、新作カットやオリジナルバージョンとは異なるエンディングを収録し再構成した『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』のBlu-ray Disc(6,090円/5%税込、以下BD)とDVD(5,040円/5%税込)を3月23日に発売した。

■『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』について『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』は、2009年12月に公開され大ヒットを記録した劇場アニメーションになる。企画・原作・製作総指揮・監督は西崎義展で、『宇宙戦艦ヤマト 完結篇』から17年後の西暦2220年を舞台に、未曾有の危機に直面する人類を救うため再建されたヤマトの新たな戦いが描かれている。

その『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』を、故・西義展監督の遺志により、30分以上の新作カットを追加し、オリジナルバージョンとは異なるエンディングを収録、さらに、音響パートを完全リニューアルし再構成した作品が『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』になる。なお、効果音はTV版ヤマトのオリジナル音声を使用している。同作は、2012年1月28日(土)から2月3日(金)までシネマート新宿(東京)、シネマート心斎橋(大阪)にてレイトショー公開されている。同作のBD、DVDには、小林 誠の描き下ろしイラストを使用したアウターケースが付属するほか、映像特典として、小林 誠×羽原信義 SPECIAL対談、羽原信義編集版予告篇、トレーラー映像が収録されている。



【ストーリー】
宇宙戦艦ヤマトがアクエリアスの海に沈んで17年、ときに西暦2220年、地球人類は未曽有の危機に直面していた。光をも飲み込む暗黒の天体・移動性ブラックホールが、はるかなる宇宙から刻々地球に迫っていた。地球連邦政府は、移民船団を組織し、地球から2万7000光年離れたサイラム恒星系アマールへの移民を決行するが、謎の大艦隊の攻撃に会い、第一次、第二次船団が壊滅してしまう。古代進は第三次移民船団の護衛艦隊司令として宇宙戦艦ヤマトに乗り込んだ。かつて沖田艦長のもとでガミラスと戦った古代たちを彷彿させる若いクルーたちとともに、ヤマトは凍りついたアクエリアスの海から雄々しく浮上する。しかし、はるか宇宙のかなたには、地球人類の移住計画を阻止すべく、星間国家連合のSUS艦隊が待ち伏せていた・・・

【記事:猫またぎ】


▼外部リンク

劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」


■関連記事
アサヒフードアンドヘルスケア、シュワッとさわやかな味わいの『三ツ矢サイダータブレット』を発売
【PS3】「バイオハザード5 オルタナティブエディション」ダウンロード版1,900円
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「スペースインベーダー」
東京スカイツリー「展望デッキ」の個人入場券予約・購入がスタート
キリンビバレッジ、「キリン 午後の紅茶 ティーグルト 朝のはじけるマンゴー」を発売