改めて振り返ると、新人時代の「売れない自分」がいたからこそ、トップセールスを続けられたのだと思います。もし、いま売れずに悩んでいても大丈夫です。ゼロセールスの辛さを知っていることが、きっと役に立つからです。ゼロセールスは、トップセールスになれる近道かもしれません。

 私は、新車輸入車販売のトップセールスマンとして30年を超える経験を持っています。BMWというクルマを平均すると毎年100台以上売り続け、おかげさまで、日本で最初に1000台売ったセールスマンとなりました。最も売っていた年には、3日に1台ペースでした。そのおかげで「日本一のセールスマン」とか「伝説のセールスマン」といった過分な評価をいただいたこともありました。

 BMWに移る以前のリンカーン、ジャガーなどを売っていた時期を含めると、輸入車の新車ばかり、累計で2600台を超える台数を買っていただいたことになります。

 BMWを辞めたいまでも、長くお付き合いいただいているお客様から「また、あなたから買いたい」と、ありがたいご連絡をいただいています。

 なんのコネもなく、クルマのことをなにも知らないところからスタートし、ただひたすら一生懸命やってきた私を、たくさんのお客様が支えてくれたからこそ、トップになれたのだと感謝しています。

 しかし、私も最初から売れたわけではありません。丸紅モータースに新卒で入社した1年目、同期入社の仲間が次々に売上げを上げていく中で、一人だけ1台も売れずに「辞めるしかないかな」「クビになるのかな」と不安な7ヵ月を過ごしました。

 毎日100件を目標に飛び込み営業を続けていましたが、暑い夏が過ぎても1台も売れませんでした。雨の日も、必死に歩き回りました。半蔵門から四谷、新宿。さらに渋谷、青山も歩きました。その頃、靴を毎月1足、履き潰していました。ひたすら人に声をかけ、名刺を出しました。名刺を受け取っていただけるのはいいほうで、目の前で破かれることさえありました。

 買っていただけるに違いないと思って毎日、朝、昼、晩と通ったお客様から「今回は、あなたからは買えない」と言われ、悔しい思いもしました。とうとう新入社員でゼロセールスは私だけになっていました。

続きはこちら


■関連記事
・なぜ、ド新人営業マンが3秒トークするだけで200万円の成約が取れたのか?
・こうすれば新人が育つ!営業マン教育の基本
・毎年2割増の売上目標 高級外車セールスマンの過酷な競争
・営業マンとはまったく違う!営業マネジャーの仕事
・チーム営業のパートナーは時と場合に応じて自ら選ぶ【タイプ別営業力強化法】