ゲーム業界に第二の黒船がやってくる? コンシューマ機からPCへプラットフォームを乗り換えるメーカーも

写真拡大




マイクロソフトのゲームハード『Xbox』の登場でゲーム業界に黒船が登場かと言われていたが、そのマーケティング活動は著しく乏しく、後継機種の『Xbox 360』でも同様に国内では芳しい売れ行きを見せることができなかった。国内は『Wii』と『Play Station 3』にシェアを奪われ『Xbox 360』は一桁というシェアの狭さである。

そんな日本に第二の黒船が登場しようとしている。それはValve(バルブ)社が開発を進めているゲームハード『Steam Box(開発名)』である。ウワサ段階のスペックはCorei7、8GBのメモリー、NVIDIA製のGPUとかなりハイスペックな物が用意されているようだ。まんまパソコンを『Steam(スチーム)』限定にした仕様なのだろうか。

1月にはパートナー限定にミーティングが行われたとしているが、それ以降国内メーカーも『Steam』でのリリースを明らかにするメーカーが増えている。日本ファルコムの『イース』シリーズ『イース:フェルガナの誓い』が14.99ドルでリリースされる。また『Xbox 360』でマイクロソフトより発売された『アランウェイク』も『Steam』から日本語対応となり発売された。この作品の権利はマイクロソフトではなく、デベロッパーのRemedy Entertainmentが保有していたため『Xbox 360』以外のプラットフォームでのリリースが可能となった。

そのほかセガもPCゲームのリリースを発表し、そのいくつかが『Steam』でリリースされるのではないかとウワサされている。いわゆるファーストメーカー以外のサードパーティーは、『Steam』で売った方が世界的に販売できるとにらんだのだろう。

既存のゲーム機のように特別な開発キットを必要とせず、DirectXや3Dレンダリングエンジン(UnrealやSauceエンジン)を使えさえすれば誰でも『Steam』のパートナーになれるのが魅力だ。もちろんライセンス料は無料。アップルの『AppStore』の現象に似ているが、ゲームも『Steam』に集約されてしまうのだろうか?

携帯電話、ゲーム業界ともに黒船に制されてしまうのだろうか……。

任天堂が海外のオンラインゲーム販売コンテンツプロバイダと提携との噂? 『Steam』かそれとも……

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。