先輩の目がキラリ。新入社員はココを見られている!

写真拡大

社会人デビューした新入社員が、つい気になってしまうのが先輩たちの視線。髪型? それとも言葉遣い? 何を見られているのか心配な方のために、"新入社員の評価基準"について、先輩社員286人に聞いてみました。どこが評価の分かれ目なのか、要チェックです。

【新入社員が入社したとき、気になるポイントBEST5】
1位:素直さ......58.4%

→「指摘した欠点を改善しようとしているのを見たとき、株がぐっと上がります」(男性/社会人2年目/学校・教育関連)
×→「自分のミスを素直に認めず、人のせいにするのはNGです」(女性/社会人3年目/運輸・倉庫)

半数以上の先輩が選んだ、気になるポイント第1位は「素直さ」。分からないことは質問できる、間違えたら謝ることができる、そういった素直さが評価の分かれ目のようですね。とはいえ「何度も同じ事を聞くのはNG」だそうですから、聞くときはメモをお忘れなく。

2位:清潔感......50.4%
→「きれいなハンカチやパリッとしたシャツなど、身だしなみがしっかりしているとき」(男性/社会人1年目/学校・教育関連)
×→「服装や髪型が乱れていると、仕事もだらしないのかと思ってしまいます」(男性/社会人3年目/団体・公益法人・官公庁)

タバコの臭いや汗臭いスーツなんてもちろんNG。服装や髪型などの身だしなみだけでなく、爽やかな立ち居振る舞いなども評価のポイントのようです。

3位:言葉使い......47.2%
→「はきはき話す笑顔の新人は気持ちがよいです」(女性/社会人2年目/商社・卸)
×→「いくら仲がよくても、時々タメ口になるのはNG」(女性/社会人7年目/学校・教育関連)

多かったのは、あいさつや敬語など基本的な言葉遣いが気になるという声。敬語が使えないと「学生気分が抜けていない」と思われることもあります。

4位:謙虚さ......35.3%
→「雑用も進んで引き受ける」(男性/社会人1年目/金融・証券)
×→「注意しても聞く耳を持たない」(女性/社会人3年目/小売店)

仕事ができるタイプが特に忘れがちな"謙虚さ"が第4位。「アドバイスを聞き入れない」「"自分は優秀で働いてやっている"という姿勢が表れている」といった態度で、一気に株が下がったケースが多く見受けられました。

5位:元気さ......30.4%
→「元気にあいさつしてくれるとgood」(男性/社会人6年目/情報・IT)
×→「しょぼくれた姿勢。ピンとしてないとダメだなと思う」(女性/社会人5年目/電力・ガス・石油)

フレッシュな新入社員にこそ、求めたくなるのが「元気さ」。「緊張していても良いから、とりあえず元気な声を出すようにしてほしい」という声も。

6割弱の人が選んだ1位の「素直さ」は、性格の問題でもあるだけに、人によっては実践するのが難しそうですね。素直さを身に付けるには「アドバイスに耳を傾け、今の自分とは異なる意見・考え方でもまず受け入れてみること」から、始めてみてはどうでしょうか。評価のポイントは人によってさまざまですが、これから入社する方は、自分が先輩だったら......と考えてみるのも一つの手です。あなただったら、後輩のどのような部分に注目しますか?
●ゴヘイ (エフスタイル)

調査期間: 2012年2月/アンケート対象:マイナビニュース会員
/有効回答数 286件(ウェブログイン式)