1999年に第1弾が公開され、今なお日本でも根強いファンを持つ青春Hコメディー『アメリカン・パイ』シリーズ。その最新版で、大人になったおなじみのメンバーが再集結した『アメリカン・リユニオン(American Reunion)』が前代未聞のキャンペーンを展開している。

同作の配給元ユニバーサル・ピクチャーズは、同社の17万8,000以上のツイッターのフォロワーに対し、<Break.com>内の『アメリカン・リユニオン』特設ページで"MILF"を募集していると呼びかけている。ちなみに"MILF"とは、"ヤリたいくらい魅力的な母親(Mother I'd Like to F**k)"の頭文字を取ったものだ。

また、『アメリカン・リユニオン』なるツイッターのアカウントでも「MILFはいない? あなた自身の写真かあなたの知り合いのイケてるお母さんの写真を応募して、iPad 2(やそのほかの景品)を手に入れよう!」とのツイートが掲載されている(参加するには、フェイスブックに参加していることが前提)。

実はこの『アメリカン・パイ』シリーズでは、主人公の学生たちに加え、彼らの強烈すぎる親たちも人気を集めている。中でもジェニファー・クーリッジ(『キューティ・ブロンド』シリーズ)演じる"スティフラーのママ"は、若い男の子に迫るセクシー・ママなのだ。

キャンペーンサイトにはすでに多くの応募写真が掲載されているが、その一方、ユニバーサルからのツイートに対し、「(少なくとも)1人のフォロワーは去ったね。君たちをフォロワーの中には子供だっているんだろう?」といった批判ツイートも寄せられている。

『アメリカン・リユニオン』の全米公開は4月6日。日本公開は未定だが、続報に期待しよう。