“小腹満たし”の新スタイル フルーツをモグモグ食べるパウチ型ゼリー『MOGFUL』

写真拡大




夕方近くになると、そっと席を立っておやつを買いにコンビニへ行く人多いですよね(私もそのクチです)。そんなときについ手が伸びるのは、仕事の手を止めずにスマートに食べられて、夕食にひびかない程度の満腹感を得られる小袋タイプのお菓子やパウチ型の機能性ゼリー飲料。近ごろ、そんな私たちの小腹満たしニーズに応える商品がさらに充実してきました。

パウチ型ゼリー飲料とは、プラスチックの飲み口(スパウト)が付いたパウチ容器に入った柔らかいゼリーを崩して飲むタイプのもの。1994年に森永製菓が『ウィダーinゼリー』を発売して以来、『カロリーメイトゼリー』(大塚製薬)、『アミノバイタルゼリー』(味の素)、『VAAM』(明治乳業)など、栄養素摂取をうたうさまざまな機能性ゼリー飲料が発売されました。

初期の『ウィダー in ゼリー』のコピーは「10秒チャージ、2時間キープ」(今は「Charge→Go!」)。機能性ゼリー飲料は、どこでもすばやく栄養素を補給できる手軽さで、忙しい日々を送る人たちやスポーツをする人たちを中心に普及していきました。でも、小腹が空いているときには、栄養素はあっても機能性ゼリー飲料ではちょっと物足りないもの。そこで、「食べている」感覚が味わえるチルドカップデザートやグミ、ゼリー食品のラインナップが増えているというわけです。

たらみ『MOGFUL』みかん
さらに、機能性ゼリー飲料の手軽さにカップ型ゼリーの食感をプラスした新しいパウチ型ゼリー飲料も登場しました。フルーツぎっしりのゼリーでおなじみのたらみは、ジューシーなフルーツとナタデココを“モグモグ”食べながら飲む『MOGFUL(モグフル)』を3月19日に発売。果汁とカットフルーツ、ぷるぷるゼリーとコリコリ食感のナタデココが入っていて、歯ごたえと適度な満腹感が得られるのが特徴です。

「MOG」には「もぐもぐ」「噛んで食べる」、「FUL」には「フルーツ」「FULL(お腹を満たす)」「振って食べる」「ゼリーのふるふる感」という意味が込められているとのこと。朝食代わりに、夕方の小腹満たしに「フルーツをチャージ」してみませんか? みかん、パイン、ピーチの3種類をラインナップ、価格は各198円(税込み)です。
 
※トップ画像は『足成』より。