女子高生レポーター、初体験で絶叫!? 平べったい顔にひと目惚れ!【ランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレ試乗評価】【レビュー:ランボルギーニ】

写真拡大

スポーツカーを見てニヤニヤする女子校生が、若者のクルマ離れを阻止する?

 こんにちは! 海野良子です。

 もう、やっぱりこういうタイトルになるんですよね(ノ△・。) なんとなく、予感はしてましたけど。確かに、スーパーカーに乗るのは初体験ですし、絶叫したのも嘘じゃないんですけどね! センスがオヤジですよ。でも、まぁ、今回は許すとしましょう。ランボルギーニに乗せてもらいましからね\(^▽^)/

 さて、今回のレポートは、初のスーパーカー、ランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレです。日本自動車輸入組合(JAIA)と呼ばれるイベントでの試乗でした。

 たくさんの個性的な輸入車が並べれてている駐車場の中でも、ランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレは、すぐに分かるくらい目立ってました。さすが、スーパーカー! これが、オーラってやつですね!! 見ているだけで自然と笑みがこぼれ、ニヤニヤとしちゃいました(*^0^*)

 とくに、前から見たときのうすく平べったい顔が特徴のランボルギーニ君! 一瞬にして惚れてしまいました♡ 後姿も男らしいなぁ〜って思いました!! 全部好き! 好きになっちゃえば、すべて大好きになるというのが、女心ってものです。

 ところで、車名にあるLP560-4というのは、560馬力で4WDっていう意味なんだそうです。5.2LのV10エンジンです。資料によると、最高速度は325km/h、0-100km/hは3.7秒です。私にはこの数字の凄さが分からなかったので、編集長に聞くと「空飛びそうなくらいハエー(速い)よ!」と一言で終了です。

女子高生、悶絶。スーパーカーの加速が癖になる。

 運転するのは、コリズムの試乗記でもお馴染みの丸山さんです。丸山さんは、ご自身でもスーパーカーをお持ちなので、ガヤルドLP560-4 ビコローレの560馬力というパワーを聞いても「ふーん」というくらいでした。ちょっと、オトナの余裕ってやつを感じちゃいました。

 さて、助手席に乗り込もうとするものの、初めて乗る私がオドオドしているのに誰もドアひとつ開けてくれません。それどころか「良子! 早く乗れ!」です。同級生の男子だって、もうちょっと親切です
(≧ヘ≦) ムゥ。

 ドアといえば、ランボルギーニというと、ガルウイングをイメージしますが、 ガヤルドLP560-4 ビコローレは普通のドアでした。やっぱり、ガルウイングがいいです。

 助手席に座ると、ワクワク、ドキドキしました(♡0♡)。ミッションは、6速シーケンシャル e-gear システムです。オートにすると勝手に変速してくれるのでAT車のように乗れるそうです。これなら、女子でも重いクラッチを踏んだりする必要がないので楽チンだと感じて評価しちゃう。

 インテリアは、真っ黒。後で運転席にも座らせてもらいましたが、意外と柔らかい革でシットリした感じがよかったです。ただ、真っ黒なのは男子向きすぎるような・・・。もうちょっと、オシャレな色でコーディネイトしたらキレイなのにと思いました。

 さて、ヴォン! と、エンジンが始動するだけで、もうテンションアゲアゲ状態です。実際に走りだすと「キャー!!ワー!!」と叫び、はしゃいでしまいました。ゴツゴツしたトラックのような乗り心地も、これから始まる圧倒的なスピードの世界を味わうための儀式みたいなものでしょうか。

 高速道路に入り、ドライバーの丸山さんがアクセルを全開! その瞬間、ミッドシップエンジンの爆音が後方から聞こえるのと同時に、髪の毛を後ろから引っ張り続けられるような加速が始まります。それがしばらく続くので、さすがにウキャウキャ言ってられなくなりました。あまりの速さで、しばらく、ウッっと息を止める感じ、分かりますか? 編集長の「空飛びそうなくらいハエー(速い)よ!」の意味が理解できました。

 もうテンション上がりっぱなしの私なのですが、丸山さんに「ランボルギーニって速いですね」というと「うーん、まぁ、こんなもんじゃない」といたって冷静です。こんなに速いのに、丸山さん、なんにかヘンですよぉ。とにかく、速度が上がれば上がるほど楽しくて、自分も運転したいなぁ〜早く免許が欲しいなぁ〜って思いました。

 今では、もうランボルギーニ初体験から、随分時間が経ったのですが、乗った時のあの感覚は今でも残っていて、絶対忘れることはないです!! っていうか忘れられない!!!! もう一度乗りたい!! 乗せて! あの感覚を、また味わいたいっ!! って気持ちがイッパイです。もう、クセになりそうです。今でも、そんな思い出を友達に話すと顔がニヤついてしまい、"変な子"だなぁ〜って感じの目で見られてしまいました・・・。

 ダメですか? 女子がスポーツカー好きじゃ?

代表グレードランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレ
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)4,345mm×1,900mm×1,165mm
ホイールベース[mm]2,560mm
トレッド前/後[mm]1,632mm/1,597mm
車両重量[kg]1,410kg
総排気量[cc]5,204cc
エンジン最高出力[/rpm]412kW(560PS)/ 8,000rpm
エンジン最大トルク[N・m/rpm]540Nm/6,500rpm
ミッション6速シーケンシャル e-gear システム
タイヤサイズピレリーP zero F:235/35ZR19 R:295/30ZR19
燃費EU複合 13.7L/100km(eギア)
定員[人]2人
税込価格[円]25,322,850円
レポート海野良子
写真編集部

【関連記事】

ランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレランボルギーニ ガヤルドLP560-4 ビコローレ

この記事をCORISMで読む→