張り巡らされた伏線や、思わずゾクッとするような独特の作風が人気のミステリー作家・道尾秀介氏。『向日葵の咲かない夏』ではそのあまりに独創的な世界観から読者の賛否が真っ二つに割れるなど、注目を集める若手作家のひとりです。

 最近では作品の映像化も多く、今年秋には直木賞にもノミネートされた『カラスの親指』が阿部寛主演で映画化。ミステリー以外でも、月9ドラマ「月の恋人〜Moon Lovers〜」の原作を書いたことでも話題となりました。そんな道尾作品がまたもドラマ化されます。

 今回ドラマとなるのはデビュー作『背の眼』(幻冬舎文庫)。道尾氏の真骨頂とも言えるホラーと推理の要素が入り混じった作品で、第5回ホラーサスペンス大賞受賞作。作中に「道尾秀介」という同名の作家が登場することも特徴のひとつ。

 作品の舞台は東北のとある村。村を訪れた道尾秀介は、河原を散策していると不気味な声を聞く。

 「レエ......オグロ......アラダ......ロゴ......」

 実は村ではここ数年、児童の神隠し事件が起こっており、その河原は最初にいなくなった少年の切断された頭部だけが流れ着いた場所だった。道尾は東京に戻ると、友人であり「霊現象探究家」である真備庄介に相談をもちかける。同じ頃、真備はその村と近辺で起こった相次ぐ自殺に関する相談を受けていた。実はこの自殺した者たちには、不可思議な共通点が。その直前に撮った写真に写る彼らの背に、奇妙な眼が写りこんでいたのだ。

 あらすじだけでも恐怖を誘うような本格ホラーミステリー。ドラマでは主役・真備庄介役を渡部篤郎が、真備の助手・北見凛役を成海璃子が、道尾秀介役を平山浩行が演じます。

 作品について、道尾氏自身も「喜怒哀楽に"驚"が付くシリーズなので、きっとご満足いただけるかと思います」と太鼓判を押しています。

 ドラマは3月31日(土)9時〜、BS日テレで放送。原作ファンはもちろん、ホラー、ミステリーファンからも注目を集めるドラマになりそうです。

【関連リンク】
『背の眼』BS日テレ公式サイト




『人気ミステリー作家 道尾秀介の作品がドラマ化〜『背の眼』』
 著者:
 出版社:幻冬舎
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『ひとつのグラウンドを巡る親子三代の物語〜『ホームグラウンド』』(2012年3月7日18:00)
『ギャルママの手料理は「簡単・かわいい・経済的」がモットー』(2012年3月6日19:36)
『本当の宝物は「人」 被災した子どもたちの「作文」。長倉さんがとらえた「生きる力」。』(2012年3月6日12:00)


■配信元
WEB本の雑誌