褒められて伸びる、叱られて伸びるタイプ、どちらが多い?

写真拡大

勉強や仕事に取り組むときのモチベーションには、褒められる、叱られるなどの人からの働きかけも大きく関わっていますよね。褒められると嬉しくなって頑張れるという人、油断してしまうという人。あるいは、叱られると負けん気でもっと頑張れる、という人もいるはず。今の学生たちは、「褒められて伸びるタイプ」と「叱られて伸びるタイプ」、自分ではどのように思っている人が多いのでしょうか? 学生300人にアンケートをとりました。

Q.あなたは褒められて伸びるタイプ? 叱られて伸びるタイプ?
「褒められて伸びる」タイプ 79.5%
「叱られて伸びる」タイプ 20.5%

全体の回答では「褒められて伸びる」タイプの人がほぼ8割と主流。この比率は、男女別にみてもほぼ同じでした。それでは、各タイプのコメントを見てみましょう。

【「褒められて伸びる」タイプ】
◆いくら仕事でも怒られるとその人のことを嫌いになり、仕事をうまくこなしていくことができなくなるから。(男性/22歳/食品業界内定)

◆ほめられ、期待をかけられるほど、それにこたえようと努力するタイプだから。(女性/22歳/教育業界内定)

◆基本的に自分で自分を律することが出来るタイプだと思うので、怒られることは心外である。(男性/22歳/金融業界内定)

◆どちらかと言えば「褒められて伸びる」タイプだが、自分では中間だと思う。褒められて伸びるのはただ調子がいいだけで、叱られて伸びるのは嫌々だと思うから。(男性/21歳/商社内定)

◆正直に言うと自分に自信がないから。「それ、いいね」と言われると「よし、やるぞ!」と思えるタイプなので......。もちろん「叱られるうちが花」といいますか、叱っていただけることも大切だと思っています。(男性/22歳/公益法人内定)

全体では、叱られるとへこむ、マイナス思考になる、という理由の人が多数。また、褒められるといい気分になって頑張れるという意見も多く、気分よく物事を進めたい人はこちらのタイプです。ただ、叱られることの大切さはきちんと理解している人も。


【「叱られて伸びる」タイプ】
◆褒められるとそこで満足してしまう。叱られるとへこむが、より大きな学びをしながら成長できると思う。(女性/22歳/医療業界内定)

◆叱られたほうが自分の足りないところや改善すべき部分が分かりやすいし、嫌われる覚悟がある人しか叱るという行為はできないと思うので、愛を感じる。(女性/24歳/情報・IT業界内定)

◆褒められると、それでいいと思って努力しなくなるから。(女性/24歳/医薬品業界内定)

負けず嫌いで、叱られると悔しくて見返してやろうという気持ちになるから。でも本当は叱られるのは大嫌い。(女性/22歳/機械業界内定)

◆常に向上心を持つタイプなので、問題点を指摘してもらえるとありがたいから。(男性/22歳/自動車業界内定)

「叱られて伸びる」タイプの回答内容も見てみると、こちらも納得できる内容。自分の気持ちや気分が傷つかないことを重視する「褒められて伸びる」タイプよりも、「叱られて伸びる」タイプの方は叱られる痛みを我慢しつつストイックに努力を重ねて行くという印象を受けました。


いずれにしても、「自分はこちらの方が頑張れる!」というパターンを把握しておくと、うまく自分のモチベーションを維持して効率よく物事に取り組めそうですね。また人に注意したり、何かを教えたりするときにも「この人はどちらのタイプかな?」と考えて伝え方を変えると、コミュニケーションがうまく行きそうです。あなたは、どちらのタイプでしょうか?

(文●西井桃(ニーマルマル))

調査期間:2012年3月5〜8日
アンケート対象:フレッシャーズ マイナビスチューデント会員
有効回答数 200件(ウェブログイン式)