ソーシャルメディアはもはや市民権を得たといえます。昨年10月の数字ですが、日本ではツイッターが2000万人弱、フェイスブックが1000万人強のユーザーをしたがえ、ミクシィは1500万人のアクティブユーザーを擁しているのです。しかし、登録はしてみたものの活用していなかったり、たまに情報を得るだけだったり、ユーザー数として数えられる人のすべてが積極的に使っているといえないのが現実でしょう。

 ツイッターやフェイスブックに懐疑的な人は、まったく知らない人からの根拠のない批判や「炎上」という事態を避けているといえるのかもしれません。ツイッターでのフォロワーが約20万人のジャーナリスト・津田大介氏は、2年ぶりの単著『情報の呼吸法』の中で、ソーシャルメディアで得られるメリットの一つに、「情報をシェアすることは楽しい」ということを挙げています。つまり、他人に「これ面白いよ」と伝えて話が弾むという、誰もが現実世界で経験済みの行為です。

 津田氏は「情報は発信しなければ、得るものはない」と言います。氾濫する情報を取捨選択してインプットする。そして、アウトプットすることで双方のバランスをとり、実際の行動に移していく。書名の由来ともいえますが、「呼吸するようにさまざまな情報を自らの武器として活用できる」ようになれば、「ネットとリアルが本当の意味で融合し、情報による復興を成し遂げることができるのだと思います」と語っています。

 巨大なフォロワーをもつ筆者は、フォロワー数を増やすための方法も披露。それは非常に単純に、まず自分の「フォローを増やせ」ということ。氏曰く、自分がフォローすれば、半分近くの人がフォロー返しをしてくれるそうです。200人をフォローすれば100人が、500人をフォローすれば1000人が、という具合です。

 ツイッター上での批判や論争についても、「相当ひどいことを言われても、僕はまったくへこみません」と津田氏。1割の人が「クソつまんない」と言っていても、9割の人が面白いと言ってくれたとポジティブにとれることが、ソーシャルメディアを楽しむ基本スタンスなのです。



『「フォロワー数を増やす」方法は意外と簡単だった?』
 著者:
 出版社:朝日出版社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『「日本経済」の鍵は、あの人気カジュアル衣料品店が握っている?』(2012年3月8日08:00)
『ひとつのグラウンドを巡る親子三代の物語〜『ホームグラウンド』』(2012年3月7日18:00)
『ギャルママの手料理は「簡単・かわいい・経済的」がモットー』(2012年3月6日19:36)


■配信元
WEB本の雑誌