まだこの分野が残っていたか、という気持ちにさせられたのが3月1日に発売となった『美坊主図鑑』。女子が大好きなイケメンですが、本書で取り上げられているのは日本全国の僧侶から選ばれた41人。単なる「イケメン坊主」だけでなく、「癒し系坊主」「クリーミー系坊主」(!?)などが、まるでアイドル張りのカメラ目線で写真に納まっています。

 東日本大震災から1年が経ちましたが、東北や関東では今でも地震が起こり、不安になることもしばしば。著者である「日本美坊主愛好会」のメンバーは、そんなとき、お坊さんと話してみては? とアドバイスします。彼女たちは、数年前から密かに活動していた「『美しいお坊さん』が大好きな女性のグループ」だそうで、「高尾山には、ハンサムなお坊さんが多いらしい」「善光寺のあの宿坊に泊まりに行かない?」と話しつつ、寺を詣でているのだとか。

 たしかに、かっこいいお坊さんに「悩んで落ち込んでしまうときはありますよね。とにかく外へ出て、自然の中に身を置きましょう」(高尾山薬王院 佐藤秀仁師)と言われたら、心が軽くなるでしょう。葬式のときくらいしか、お坊さんと会うことがない私たち。"美坊主"からでなくても、やさしい口調でそんなふうに話しをしてもらい、手を合わせられたら、それだけでありがたい気持ちになってしまうのかもしれませんが......。

 元俳優、元ボクサー、京大卒のインテリなどお坊さんの経歴もさまざま。また、最近では寺で行なわれる婚活パーティ「寺社コン」というものもあるんだとか。宿坊、坊主バーの最新情報も掲載。※念のため、寺社コンはお坊さんとの合コンではないことをつけ加えておきます。

 おそらく日本初のお坊さんアイドル図鑑。これをきっかけに女子がお寺に殺到するかも?



『日本初のお坊さんアイドル図鑑発売――癒やされる女子続出!?』
 著者:
 出版社:廣済堂出版
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『ギャルママの手料理は「簡単・かわいい・経済的」がモットー』(2012年3月6日19:36)
『本当の宝物は「人」 被災した子どもたちの「作文」。長倉さんがとらえた「生きる力」。』(2012年3月6日12:00)
『原発は「NO」、映画監督・岩井俊二氏が映画&書籍で原発を表現』(2012年3月5日16:00)


■配信元
WEB本の雑誌