信頼される話し方をするための発声方法とは

写真拡大

 自分の声があまり好きじゃない、もう少しはっきりとしゃべられたらいいのに、普段からそう思っている人は少なくないでしょう。自分の声に自信をつけるためには、正しい発声方法を身につけることが大事です。
 ヴォイスアップコーチとして活躍する宮川晴代さんは著書『どんな人でも好感度アップ!の声の魔法』(青春出版社/刊)でよく通る声になる、滑舌がよくなるための方法を伝授します。
 今回は宮川さんにインタビューを行い、書籍を元に正しい発声方法や滑舌改善法についてお聞きしてきました。今回はその前半部分をお送りします。

■信頼される話し方をするための発声方法とは

―まず、正しい発声を身につけることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

「これは聞く側と話す側、双方にメリットが生まれます。聞く側、つまり相手側のメリットは3点あって、まずは声を聞き取りやすいということ。だからもっと話を聞きたくなります。次に内容が理解しやすい点。そして最後に好感を持ちやすくなるという部分です。例えばビジネスの場で、初めて会った人の声のトーンで仕事ができそうかどうか判断することはないですか? すごく意志が強そうに聞こえたり。そういった意味で、印象を左右する部分はあるんですよね」

―確かにそうですね。重要な部分です。

「一方、話す側、つまり自分のメリットは自信がつくという点ですよね。自分の出す声に自信が持てるので、話の内容にも自然と説得力がついてきます」

―自信がないという印象を受けてしまう話し方をしてしまう人は、発声の部分で何がいけないのでしょうか。

「声自体が弱々しいところ、そして語尾が消えてしまうところですね。『あれ?いいのかな』という印象を受けてしまいます」

―以前、当時の総理大臣だった小泉純一郎さんが、同じく当時横綱だった貴乃花が優勝した際に贈った「感動した!」という言葉が話題になりましたが、非常に語尾が強く、歯切れの良い発音でした。語尾の印象につられて言葉自体も強く感じましたが、やはり重要な部分なんですね。

「そうですね。小泉元総理はワンフレーズで歯切れよく発声していましたが、そこから強い意志を持っているというイメージが持たれていましたよね。これはリーダーシップを執るための一つのしゃべりの手法で、語尾までしっかり発音すると相手に納得感や安心感を与えやすくなると思います」

―例えば今、就職活動をしている学生さんの中には面接などに進んでいる人もいると思いますが、納得感や安心感を与える話し方のほうが好感を得られるかも知れませんね。

「そうですよね。また、この本を読んでいただくと分かると思うのですが、私のヴォイスアップはヨガの呼吸法を元にしていますから、姿勢も自然に矯正されます。だから、健康になることができるんですよ。それに交感神経と副交感神経は呼吸で調整できるので、正しい腹式呼吸を身につけることで自律神経も整ってきます。
また、質の良い酸素が入ってくるので、血液中の酸素の循環も良くなります。よくストレスから過呼吸になってしまう人がいらっしゃいますが、息がしっかり吐けていないとそうなってしまうんですよね。深呼吸をすると落ち着くとよくいいますが、緊張してしまうと呼吸が乱れてしまうんですね。そこで、腹式呼吸でお腹から呼吸していると自然と乱れずに、冷静でいられることができるようになるんですよ」

―では、正しい発音を身につける上で最初にすべきことは何でしょうか。

「私の場合は呼吸を変えることから始めるのを勧めています。腹式呼吸ですね。呼吸そのものが浅いままですと、声量もあまり変わらないし、ぼそぼそしてしまうのは治りません」

―本書では腹式呼吸をはじめ、ヨガ式呼吸などが紹介されていますが、やはり全ての基礎は腹式呼吸だと思います。でも、なかなか出来ないんですよね…。

「そうですよね。ちゃんとしたトレーニングを受けていない人の多くは『こんなでいいのかな?』と思いながらやっているのではないでしょうか。腹式呼吸に適した身体もあって、この本の中に『VOICE』という言葉をかたどった呼吸法のワークがあるのですが、それは身体の筋肉をほぐすためのワークなんです。だから呼吸に携わる筋肉、いわゆる呼吸筋をゆるめていくことから始めるのがいいと思います。
実は寝ているときは誰でも腹式呼吸しているんですよ。だからできるはずなんですが、意識すると難しいですよね」

<後編に続く>


【関連記事】 元記事はこちら
タイプ別“声の悩み”その特徴と改善法
好きな異性を落とすための話し方
男性に勘違いされない「ほめ方」とは?
ココが違う、デキる男のしゃべり方