時間と場所を指定して「お茶する人」を待つことも

写真拡大

ネットを介して知らない人と会う方法は、以前からいろいろあった。しかし、素性が分からない相手と待ち合わせるのは怖いし、トラブルに発展することもあったと聞く。その点、実名登録を原則としたフェイスブックを介した出会いは、相手の個人情報も確認できるので、比較的リスクは低いといえるだろう。

フェイスブック情報を使って知らない人とランチを共にする「ソーシャルランチ」は以前取材したことがあったが、さらに細切れの時間を使ったマッチングサービス「コーヒーミーティング」ができたということで、25歳女性の筆者が初体験してみた。

「マーケティング」「英語」などのタグで相手を検索

コーヒーミーティングは、ひとことで言えば「お茶したい人を探す」サービス。サイトにアクセスすると、誰かとお茶の時間を過ごしたい人たちの顔写真が並んでいる。勤務先も載っており、大手家電メーカーの技術者やデザイン会社の営業、編集者や占い師などさまざまだ。

お茶したい人の興味も100以上の「タグ」になっていて、クリックするとそのテーマについて話したい人がリストアップされる。タグは「マーケティング」「プログラミング」「映画」「英語」のほか、「おっぱい」「5年後の生き方」「新サービスの妄想」といった変わったものもみられる。

ミーティングは、自分が主催する方法と、他人が主催したものに参加する方法がある。1コマは30分または60分、1対1で会うのが原則だ。筆者が六本木のカフェを会場に30分×4コマのミーティングを設定すると、あっという間に男性からのリクエストが集まった。

安全のためにフェイスブックで個人情報を開示している人を選び、興味関心をチェックしてから会場に向かう。1人目は、独立して広告代理店を立ち上げた30代の男性。インターネット広告について勉強中で、相談できる人が欲しかったとのこと。2人目は出版業界で働く20代の男性で、自転車に関する本の話をした。

3人目は名古屋から出張中のメーカー勤務の30代男性。この人からは以前、ツイッターを通じてスマートフォンアプリに関する質問を受けたことがあった。今回はそのアプリを直接見せたいと、ミーティングに申し込んでくれたそうだ。

ここまで1時間半。不思議なことに疲れはほとんどない。30分という細切れな時間がよいのだろう。無理が生じない時間なので、「少し話し足りないな、機会があったらランチしたいな」と感じさせるきっかけになるかもしれない。

ビジネスパーソンの人脈拡張にも使えそう

最後の4人目は、運営者の山本大策さん。登録者の感覚を理解しサービスの改善につなげるため、3週間で15人とミーティングしたという。

「ソーシャルメディアは、お互いにオープンにした情報を共有しやすいしくみですけど、まだオープンになってないものは何かと考えたら、『空き時間』ではないかと思いついたんです」

ただの空き時間を「コーヒーミーティング」と呼んだところが、このサービスの妙だ。当初はビジネスマンの利用を想定していたが、フタをあけてみると男女比は6対4で、女性も意外と多い。

実際に会った後には、お互いに「こんな人です」というコメントを残すことができ、ユーザーの信頼度を確認する参考情報になる。

現在の利用者数は約5000人。成立したミーティングは450件で、のべ900人の出会いがあったという。仕事の帰りがけに30分誰かとお茶を飲む、という使い方をしている人もいるそうだ。

面白いのは、サービスとしてミーティングの目的を決めさせないこと。そのゆるさが、従来のサービスと違うところだ。目的がないから、関心が個人に向く。初対面で敬語を使い、お互いを尊重しながら話をするのは、淡白なようで温かな体験だった。もちろん、社外の人脈を広げたいビジネスパーソンにも十分使えるのではないかと感じた。(池田園子)