親の影響が大! 学生たちの金銭感覚

写真拡大

「お金をどこで節約し、どこにお金をかけるか」。こういったお金の価値観が違う人と一緒に過ごすと、食事や買い物のときに気まずい思いをすることがありますよね。人の「金銭感覚」はいったいどのように培われるのでしょうか? 

学生300人にアンケートを取ると、いちばん影響を受けたのは「親」という人がほぼ7割。親のお金の使い方は小さいときから見ていますし、確かに親の金銭感覚によって、家庭の環境や考え方も左右されそうですね。それでは皆さん、どんな影響を受けたのでしょうか? こちらもアンケートで聞いてみました!

【お金を節約する】
◆外食しない。弁当・お茶を準備してくれていました。今でも飲み物は買うものではなく、家で準備するものと思っています。(女性/その他業界/22歳)

◆両親とも家でのご飯がメイン。外食はめったにしませんでしたが、家で食べる食材はちょくちょく奮発していました。その影響か、外食するときには今もつい、家で少しいいご飯を食べた方がいいなぁと思ってしまいます。(女性/建設・土木業界内定/22歳)

◆普段から母は質素に暮らしてきたので、自分もブランド物やアクセサリーにあまり興味がありません。しかし本当に価値のあるものを買うとき、ここぞというときには使います。(女性/商社・卸業界内定/22歳)

外食をしない、ブランド物を買わない、など堅実な暮らしぶりが身に付いているようです。無駄遣いをせずきちんと自制して生活できることは、親が授けてくれた「生きる知恵」と言えそうです。

【お金はきちんとかける】
◆父は、旅行と教育にはお金をかける人で、私も書籍代と旅行費にたくさん費やしている。(女性/マスコミ業界内定/24歳)

◆特に母親。必要なものや実用的なものにかけるお金は惜しまない。付き合いのための食費や交際費ももったいぶらずにちゃんと払う。(女性/自動車関連業界/22歳

◆親が食事や洋服など贅沢をしていたので、おいしい物やきれいな洋服が好きになりました。(女性/医薬品業界内定/29歳)

上のコメントと重なる部分がありますが、良いものにはお金をかける!という金銭感覚を持った声がありました。単に安い物を買い続ける、という悪循環にはまらず、人生における「経験」や、長い目で見たときのコストを考え有意義にお金を使っているのではないでしょうか。

【親の無駄遣いを見て......】
◆大きな買い物はあまりしませんが、日々の買い物でつい余計な出費をしてしまうところが似ています。(女性/金融業界内定/22歳)

◆父の浪費癖がひどく毎月やりくりに苦労しているのを見て、できるかぎり無駄遣いしないようにして、貯金を優先しています。なるべく定価のときは避け、割引のときに買い物をします。(女性/飲食業界内定/22歳)

◆お菓子や買っているのを忘れて同じものを買うなど、無駄遣いをしているので、反面教師として影響を受けています。私はお金はきちんと管理しています。(女性/自動車業界内定/20歳)

余計な出費をする親を見て、同じ行動をしてしまうのと、反面教師とするのとでは、大きな違いに。

こうしてコメントを読んでいると、親が子の金銭感覚に与える影響は大きいのだなと思わされますね。あなたのお金の使い方も、誰から影響を受けてきたか振り返ってみては? もしかしたらあなたも、親と似ているかもしれません!

文・西井桃(ニーマルマル)

調査日:2012/1/19
アンケート対象:フレッシャーズ マイナビスチューデント会員
有効回答数288件(内、男性:122名 女性:166名/ウェブログイン方式)