あのシャーリーズ・セロンが、キティTシャツにジャージ&ノーメイクで出演する『ヤング≒アダルト』。(c)2011 Paramount Pictures and Mercury Productions, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

公開中の話題の映画、『ヤング≒アダルト』を観てきました。20代半ばの筆者から見ると、シャーリーズ・セロン演ずるアラフォーの主人公メイビスがあまりに痛々しいと思うシーンが多かった一方で、最後はなぜか温かい気持ちになれた作品でした。

メイビスが人の幸せについてつぶやいたとき、映画館でひとり見ていた40歳前後の女性が声を上げて泣いたのが見えました。暗くてよく分かりませんが、あれは「私もそう思ったことがあった」という共感の涙だったのではないでしょうか。

バブリーな過去を忘れられず、元カレを色仕掛けに

主人公は37歳になった今でも、高校時代にモテモテだった栄光を引きずる女性。「魚くさい田舎町」を出て、都会に住んでいます。自称・売れっ子作家ですが、実は売れないゴーストライター。バツイチでアルコール依存症と危険な面もあります。

あるとき、高校時代の元カレのバディから「赤ちゃんが産まれた」という知らせとともに、命名式への招待状が。メイビスは「一体何をしたいの?」と怒り狂いますが、思い直して既婚者の彼を奪う作戦に出ます。生活を変え自分を磨いて着飾り、最高に美しくなって彼との再会を果たします。

それからメイビスは、彼の気を引くため「モンスター女子」のように想像を超える振舞いをします。彼女なりに純粋な気持ちでやっているのですが、アラフォーという年齢を考えると明らかに異常なので、一種のホラーのようでもあります。

また、当時歯牙にもかけなかった太っちょオタクのマットとも再会。元カレ奪回の進捗を報告したり、アルコールを浴びるほど飲んだりと、彼にだけは素直な一面を見せます。このあたりの様子は、女性の孤独さが表現されていて切なくなりました。

特に共感したのは、彼女が故郷を「田舎過ぎてつまらないところだ」と毛嫌いし、そこを飛び出して都会で働いているところ。地方から東京に出てきて働く筆者も、主人公と自分を重ねてしまいました。

地方から上京してきた人は共感するかも

田舎の生活と、都会の生活――。お互いがお互いを軽蔑し、意地になって「これこそが幸せなんだ」と主張しがちです。

地元の大学を蹴って東京の大学に行ったとき、「○大に行って公務員にでもなるのが一番なのに」と陰口を言われ、会社を辞めてフリーランスになったときも「よくわからないことをするものだ」と首を傾げられました。

自分なりには考えて行動したつもりだけれど、周囲からは理解されていない。それを気にしないことにして、新しい刺激を追い求めて過酷なライター稼業に足を踏み入れる…。それってもしかして、メイビスそのもの? 私と同じように自分と重ねあわせる人が、きっとたくさんいることでしょう。

私もアラフォーになったとき、どんな生活をしているのか。きっと同級生たちのように、田舎で結婚して子どもを産み、家族の世話をして過ごすことはできなさそうです。でも、都会で独身のまま、バリバリ働いてひとりでも強く生きていくのが幸せなのか。

40代の女性は「すごくよく分かる!」と共感していたようですが、20代の楽しみ方はちょっと違って、自分の人生のシミュレーションを見ているような、予習をしているような、なんとなく他人事と笑えない映画でした。

(池田園子)