TVアニメ『アクセル・ワールド』、メインキャスト陣のメッセージを紹介

写真拡大

第15回電撃小説大賞≪大賞≫を受賞した、川原礫氏の注目作『アクセル・ワールド』(アスキー・メディアワークス 電撃文庫刊)が、2012年4月よりTOKYO MX、テレ玉ほかにて放送開始となる。

コミュニケーションとテクノロジーが融合した近未来を舞台に、謎の対戦格闘ゲーム《ブレイン・バースト》に巻き込まれていく子どもたちの、リアルで等身大の日常劇と恋愛劇、バトルを描いた次世代青春エンタテイメントの傑作『アクセル・ワールド』。

そこで今回は、本作のメインキャスト陣が語った作品の魅力などを紹介しよう。

今回コメントを寄せてくれているのは、ハルユキ役の梶裕貴、黒雪姫役の三澤紗千香、チユリ役の豊崎愛生、タクム役の浅沼晋太郎といった4人。

作品の見どころや自らが演じる役どころなどについて語ってくれている。

――まずはじめに『アクセル・ワールド』の魅力、面白さ、見どころなどを教えてください梶裕貴「オーディションを受ける時に原作を読ませていただき、すごく面白くて、どんどん読み進めてしまったのを覚えています。

男子なら思わずハマってしまうような、ゲーム性のあるストーリーですね。

さらに世界設定が、『現代社会の将来はこうなっていくのではないか?』という近未来を暗示しつつ、同時にその社会そのものを面白く風刺している様な部分があると思います。

演じるのがすごく楽しみだったので、少しずつハルユキと心を重ねながら頑張っています」三澤紗千香「ハルユキがだんだん成長していくだけではなく周りのキャラクターもハルユキに影響されて成長していく物語です。

黒雪姫はハルユキを導いていく役ですが、逆にハルユキからいろいろな考え方や世界を教えてもらい、同様に私もいろいろな役者さんからいろいろなことを教えてもらっているので、これから、黒雪姫と私がどんどんリンクして、二人とも前に進んでいければいいなと思います」豊崎愛生「オーディションの時に読んだチユリの原稿はハルユキに対するセリフがほとんどでした。

今、すごく楽しくやらせていただいています。

オーディションの時からすごくやりたかった役なので、今回チユリを演じさせていただくことになり、とても嬉しいです。

チユリのアバターは猫耳がついていたり、人懐っこくてかわいらしく、そしてチユリ本人も本当に猫みたいな女の子で、いつもハルユキのことを心配している、一歩間違えるとお節介になりそうな、でも、許せちゃうような、そんな女の子です。

私自身すごくゲームが好きで、ロボットが対戦したりする格闘ゲームをやったりします。

原作を読ませていただいて、特にブレイン・バーストをやっているシーンはすごくすごくスピード感があって楽しくて。

”加速”というのがこの作品のキーワードですが、まさしく加速したかのように、あっという間に原作を読めてしまいました。

チユリは(2話までは)まだブレイン・バーストの世界には混ざっていなくて、ハルと黒雪がゲームの世界にいるのがうらやましいな、と思いながらアフレコをしているところです」浅沼晋太郎「一つだけ言えるのは、僕が今まで演じてきた役とは少し違うというか、僕はあまりこういう役をやったことがないので、自分としては挑戦、壁だなと思いながら演じています。

僕は本を読むのがすごく遅くて、頭に映像が浮かばないとなかなか読み進めていけないんです。

例えば、自分の頭の中でキャラクターに俳優さんをキャスティングしてみたり、原作があるアニメのオーディションなどで、原作本を読まなくてはいけない時ですら、わざわざ声優さんの声を一度キャスティングして、イメージが出来てこないと読み進められないんです。