プリキュアオールスターズ28人がひな飾りに! 福圓美里は熊田聖亜の演技に涙

写真拡大

3日、映画『プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』公開直前記念イベントが横浜・帆船日本丸横浜みなと博物館前で行われ、キュアハッピー役の声優・福圓美里と、”フーちゃん”役で初めて声優に挑戦した子役の熊田聖亜が登場した。

本作は、テレビアニメで大人気の「プリキュア」、その劇場版シリーズにあたる「プリキュアオールスターズ」の最新作。

DX(デラックス)からNew Stage(ニューステージ)に変わり、その舞台はなんと横浜みなとみらい。

総勢28人のプリキュアが横浜の街を救うため戦う、大迫力の作品だ。

プリキュアの敵であるフュージョンのかけら、”フーちゃん”役に抜てきされた熊田は「初めてのアフレコで難しかったですが、周りのプリキュア役(声優さん)の息づかいがすごくて『アニメだ……これが、アニメだ……!』と思いました!」と興奮気味にコメント。

「変身したら楽しそうだなと思いました。

絶対にパワーとか出せないと思うんですけど。

ていうか出せないんですけど! でもキラーンてできたら楽しいな」と一気に語り、目を輝かせた。

福圓は「聖亜ちゃんの演技に、スタッフの大人たちはみんな涙しました(笑)。

大切な人や友達を守りたいと思えば、みんなプリキュアに変身できるんだっていうメッセージを伝えたいです」と笑顔で思いを伝えていた。

何人もの子供たちがイベントを見守る中、横浜市とのコラボレーション企画で生まれた「プリキュア ラッピングバス」が登場すると、その中から28人のプリキュアが登場! 一気に囲まれた熊田は「すごい!」と大興奮。

「この中で一番好きなプリキュアは?」と問われると「1人だけなんて、選べないです」と困った表情を浮かべ、プリキュアたちがコケてみせる一幕も。

最後は会場から選ばれた子供たちに、ひな祭りを記念したプリキュアあられが配られるなど夢いっぱいのイベントとなった。

映画『プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』は3月17日(土)より全国公開