『聖闘士星矢Ω』メインキャスト発表、さらにワールドプレミアの開催も決定!!

写真拡大

4月1日(日)より放送される『聖闘士星矢Ω』(セイントセイヤ・オメガ)の声優キャスト陣が発表された。

主人公ペガサス座の聖闘士(セイント)光牙(コウガ)を担当するのは、緑川光。

光牙は、幼子の頃から地上を司る女神アテナこと城戸沙織に育てられ、聖闘士になるための修行漬けの生活を強いられてきた13歳の少年。

負けん気が強い一方で、沙織に花を贈る思いやりのある一面もあるが、平和な時代に聖闘士となることの意味を見いだせずにいる。

しかし、かつて星矢によって封印された邪悪の化身・マルスが復活したことにより、彼の運命は大きく変化していくという。

そして、黄金聖闘士(ゴールドセイント)として本作に登場する前作『聖闘士星矢』の主人公・星矢(セイヤ)は、特別出演として古谷徹が担当。

さらに仔獅子座ことライオネットの青銅聖闘士の14歳・蒼摩(ソウマ)は小西克幸、鷲座ことアクィラの青銅聖闘士の13歳・ユナは雪野五月が演じる。

そのほか、龍峰(リュウホウ)は柿原徹也、栄斗(ハルト)は鈴木達央、エデンは諏訪部順一と続々と新キャラクターとキャストが明らかとなった。

この3人のビジュアルは現時点では明かされていないが、おそらくはメインビジュアルのうちの誰かであることが予想できる。

そして、アニメの放映に先がけてどこよりも早く『聖闘士星矢Ω』の魅力をお届けする「SEIYA NIGHT ―『聖闘士星矢Ω』ワールドプレミア―」の開催も決定。

イベントには主演キャストが登場予定で、『聖闘士星矢Ω』第1話試写、ゲストやスタッフによるトークショーが行われるという。

イベントの会場は東京・新宿バルト9、日時は3月30日(金)24:30開場、25:00開演、朝6:00の終演を予定している。

また、世界中の星矢ファンに応えるために今回は名古屋・大阪・台湾・フランス・ブラジル(予定)と、5つの会場でライブビューイングが行われることも決定。

こちらの詳細は後日公式サイトにて発表される。

『聖闘士星矢』は、車田正美原作で1985年から1990年にかけて「週刊少年ジャンプ」にて連載、後にテレビアニメ化された大ヒット作。

その続編となる本作『聖闘士星矢Ω』は、今年で生誕25周年を迎える同シリーズの「車田正美プロジェクト」の一環として展開され、新たに書き起こされたオリジナルストーリーで、新世代の聖闘士(セイント)たちを描いていく。