日笠陽子&喜多村英梨のWキャスト登壇、4大コラボ衣装詳細など豪華すぎる『ロリポップチェーンソー』完成披露会 (1) 血しぶきで虹が出る、ハッピー・ゾンビエンターテインメント!!

写真拡大

角川ゲームスは8日、東京・有楽町の「club Diana」にて、PS3/Xbox 360専用ゲームソフト『LOLLIPOP CHAINSAW』(ロリポップチェーンソー)の完成披露パーティーを開催した。

本作の開発者はもちろん、角川グループホールディングスの取締役会長 角川歴彦氏や、角川ゲームス 代表取締役社長、安田善巳氏、さらにはヒロインを演じる声優の日笠陽子さんや喜多村英梨さん、ゲストとして2人の豪華アーティストも登場するなどスペシャルなイベントとなった。

『LOLLIPOP CHAINSAW』は、アメリカ西海岸の「サン・ロメロ・ハイスクール」を舞台に、ゾンビハンターの末裔にしてチアリーダーでもある女子高生「ジュリエット」が、大量発生したゾンビに立ち向かうゾンビアクションゲーム。

本作はただのホラーゲームではなく、美少女ゾンビハンターが、個性豊かなゾンビ軍団と対決する愛と正義のハッピー・ゾンビエンターテインメントとなっている。

思わず笑ってしまうゾンビの行動やしぐさを楽しむことができ、従来のゾンビゲームとは異なるハチャメチャ展開がプレイヤーを待ち受けている。

最初に登壇したのは、角川グループホールディングスの代表取締役社長、佐藤辰男氏。

佐藤氏は「角川ゲームスを設立して3年。

やっとこの日を迎えることができました。

角川グループはゲーム雑誌やエンターテインメント系の様々なメディアがございます。

これからも角川グループ一丸となって、ゲームを世界中に販売したいと思います」とコメントした。

角川ゲームスの代表取締役社長、安田善巳氏からは、『LOLLIPOP CHAINSAW』の発売日が発表された。

6月12日に北米、6月13日に豪州、6月14日に日本およびアジア地域、そして6月15日に欧州での発売を予定しているという。

『LOLLIPOP CHAINSAW』のゲーム紹介を行ったのは、本作の開発元であるグラスホッパー・マニファクチュアCEOの須田剛一氏。

須田氏は「本作は主人公であるジュリエットが、チェーンソーを持ってゾンビを倒すという、非常にわかりやすい入口となっております。

基本はふたつのボタンによってチェーンソーアクションを行いますが、開発中期には、そこに「チアアクション」を入れ込みました。

これによって、非常に深みのあるアクションを実現できております。

また、首だけの彼氏「ニック」というキャラクターがいるんですが、実は彼もアクション要素として大活躍します」と本作の魅力を語った。

続いて登場したのは、主人公「ジュリエット」役を務める、日笠陽子さんと喜多村英梨さん。

実は本作、PS3版とXbox 360版でジュリエットの声優が異なっており、PS3版は日笠さん、Xbox 360版は喜多村さんが担当する。

なお、ストーリーモードをクリアすることで両機種とも好きな声優でプレイできるとのこと。

ジュリエットを演じた感想を聞かれたところ、喜多村さんは「今回ダブルキャストということで、(日笠さんが)一体どんなジュリエットをするんだろうか、自分が見たまま演じていいのだろうかなど、非常にドキドキしていました。

でも、この作品の持っているポップで明るくて、ちょっとバイオレンスでエッジの効いたところと、ジュリエットの天真爛漫な性格に勢いを感じ、私も勢いが出せるようにやらせていただきました」と語った。

そして、日笠さんは「演技としてはアニメっぽくならないように、1人の人間として演じられるように気を付けました。

また、喜怒哀楽をきちんと表現しようと。

うれしいところはすごく喜ぶし、彼氏のニックがゾンビになった時にすごく悲しんでいたので、自分の中にある喜びや悲しみを一生懸命演じさせていただきました」と話した。

スネオヘアー&ゴールド免許を剥奪されたROLLY登場、その理由とは!? そして、人気キャラとの4大コラボが実現したスペシャルコスチュームの詳細は次項で――続きを読む