TVアニメ『シャイニング・ハーツ 〜幸せのパン〜』、3人娘からのメッセージ

写真拡大

2010年12月にセガより発売されたプレイステーション・ポータブル向けRPG『シャイニング・ハーツ』が、Production I.Gの手により、TVアニメとなって2012年4月よりTOKYO MXほかにて放送開始となる。

そこで今回は、アミル役の伊藤かな恵、ネリス役の相沢舞、エアリィ役の三上枝織が第1話のアフレコ終了後に語ったメッセージを紹介しよう。

――伊藤さんから第1話のアフレコを終えた感想をお願いします伊藤かな恵「アミル役の伊藤かな恵です。

今日は第1話のアフレコということで今終了したところなのですが、ゲームの『シャイニング・ハーツ』では3人娘が揃うことがないので、とても新鮮な感じがしました。

それぞれの個性があってこれからの展開が楽しみになる1話でした!」――今日は川崎(逸朗)監督が、アニメ中のパンに近いイメージのパンをわざわざお取り寄せして現場に持ってきてくださいました伊藤「堅いですね! これって食べられるんですか?」――食べられます! 島のパンは基本的には非常食なので、すごく長持ちするように作られているそうです伊藤「だから堅めなんだ! 長持ちしそう。

非常食になるようなしっかりしたパンも売ってます! ル・クールです(笑)。

よろしくお願いします!」――では相沢さんお願いします相沢舞「ネリス役の相沢舞です。

こうして重厚なパンを持ってみると……エアリィって力持ちなんだなぁって(笑)。

アニメの中でカゴにたくさん山のようにパンを入れて売りに行っていて……。

あ、アフレコの感想でしたね(笑)。

ゲームの『ハーツ』ではかな恵ちゃんが3役やっていたんですけど、アニメでは3人同時に出るので、ホントに『3人娘』になりました! ゲームとはまた違ったほがらかなお話が続くということで、キャストもほがらかに仲良くやりたいと思っています。

(なぜか小声で)仲……良いです、よね?」伊藤「ちょっ、なんかそれ、仲悪いフラグ立ちますよ! 先輩!(笑)」相沢「仲良くやっていきたいと思います(笑)」伊藤「仲良いです!」――では三上さんお願いします三上枝織「エアリィ役の三上枝織です。

今回この作品に関わらせて頂くにあたって、ゲームをプレイしたんですが、ひたすらパンの素材を集めたりパンを焼いたりしていたので、アニメでもきっとそんなほがらかな感じになるんだろうなぁと思って収録に臨んだら……おなかが空きました」一同「(笑)」――収録がちょうどお昼どきでしたからね三上「あはは。

線画だけでもいい匂いがたちそうなくらいだったんで、本当におなかの音を抑えるのに必死でした! 見て頂く方もきっとそばにパンを置いて見たくなるアニメになると思います。

これから幸せな空間をたくさん作り出していきたいと思っていますので、よろしくお願いします!」――ありがとうございましたTVアニメ『シャイニング・ハーツ 〜幸せのパン〜』は2012年4月よりTOKYO MX、MBS、CBC、AT-X、ニコニコ動画ほかにて放送開始予定。

なお、本作のオープニングテーマならびにエンディングテーマは、いずれも作詞・作曲ともに前山田健一、歌は今回コメントを寄せてくれた伊藤かな恵、相沢舞、三上枝織の3人が担当するので、こちらも注目しておきたい。