極めの印象が強いジェイムス・クラウスだが、一番最近の試合では26秒KO勝ちしているように、蹴り技も得意とする

写真拡大

3日(金・現地時間)に、スタートするThe Ultimate Fighterシーズン15。TUF LIVE、2時半のライブ中継で組まれるハウス入りを賭けたイリミネーション・ラウンド。参加32名のファイターから、注目の選手をピックアップ。今回は元WECファイター=ジェイムス・クラウスだ。

珍しくアマチュアMMAで19戦(18勝1敗)のキャリアを持つクラウスは、プロMMA戦績は15勝4敗。その4つの敗北はWECデビュー戦となったドナルド・セラーニ、同じくWEC時代のリカルド・ラマス、そしてBFCのトビー・イマダ、タイタンFCのクレイ・グイダと、その相手は実力者揃い。UFC4戦2勝2敗のマイケル・ジョンソンには一本勝ちしている。

15勝のうち関節技での勝利が10試合で、TKOが5試合、つまりクラウスは判定勝ちの経験がないフィニッシャーだ。ガードからの三角絞め、ポジションを取ってのリアネイキドチョーク、そしてハイキックでのKOと、オールラウンダーのクラウス。これまでは大切な試合を落としてきたが、今回ばかりは負けが許されない試合となる。

この他、ONE FCの活躍で一躍アジアのライト級トップの一人に数えられるようになったエドゥアウド・ファラヤンをKOで下しているグアム出身のジョン・タック(6勝0敗)、そして10勝0敗5TKO、4つの一本勝ちというサム・シチリアと、フィニッシャーたちが生き残りラウンドでひしめき合っている。
その他、TUF新シーズン出場選手はコチラから