3日(金・現地時間)に、いよいよニューフォーマットとなるThe Ultimate Fighter=TUFがスタートする。TUFといえば、2005年にスタートを切り、UFC人気爆発の起爆剤となったリアリティTVショーで、シーズン1からはフォレスト・グリフィン、ステファン・ボナー、ディエゴ・サンチェス、ジョシュ・コスチェック、ケニー・フロリアン、クリス・レーベンなど、今も一線級の人気を誇るファイターを生み出している。

シーズン1から7年を経て、シーズン14まで中継したSpikeから、FOX系FXで放送されることになった今シーズンのTUFシーズン15は、TUF LIVEという名称でも呼ばれ、新しいプラットフォームが用意されている。

これまで通り、二つのチームに分かれてUFCスター選手がコーチに就くという背景に変化はないが、今シーズンからは生き残りを賭けた試合をライブ中継することになっている。よって、前シーズンまでは、6週間のハウスとUFCジムでの試合を撮り溜めし、撮影終了後は1カ月ほど置いてから12週間でシーズンフィナーレを迎える放送プログラムが組まれていた。

対して、今シーズンからは試合前1週間の様子をまとめ、ファイト自体をライブで行うため、これまでの倍となる13週間の収録期間を要することになった。6月1日には、ラスベガスのザ・パールでコーチ対決ドミニク・クルーズ×ユライア・フェイバーのUFC世界バンタム級選手権試合が組まれるフィナーレ大会は3時間のライブ中継が決定している。

そのフィナーレに残るための戦いの火蓋が、今週末に2時間半のライブ中継で切って落とされるわけだが、ハウス入りを賭けた16試合、全32選手から気になるファイターを取り上げてみたい。まずは、あのシュートボクセ・アカデミーの柔術コーチだったクリスチアーノ・マルセーロだ。

今年で33歳になるクリスチアーノは、ヒクソン・グレイシーのLAでの家で生活していたこともあり、長男・故ホクソンとは親友だった。同じウマイタ系の黒帯柔術家で、現在はブラックハウスのマネージャーとして知られるジョルジ・ギマリャエスの誘いで、シュートボクセで打撃の稽古を積み、同時に柔術のコーチとして、数多くのファイターを指導してきた。

日本でもPRIDEで石田光洋と対戦経験があるクリスチアーノは現在、自らのアカデミー=CMシステムに所属している。キャリア最後の賭けといってもいい、UFCへの挑戦。まずはホーム入りを賭けての大一番が控えている。

この他、昨年9月に元WEC世界ライト級王者ジェイミー・バーナーを破っているダコタ・コクラン、エディ・ブラボー率いる10thプラネット柔術で純粋培養されたラバーガード新世代の一人、3戦3勝ながら全て三角絞めで勝利しているジャレッド・カールステンも生き残れるか注目したい。
詳細&他のメンバーはコチラ