新しい企画が増加中の就活サイト「ミートボール」

写真拡大

2012年2月に運営を開始した就活サイト「ミートボウル」は、学生が「自分が得意なこと」や「変わった経験」で登録し、会社からスカウトを受けるスタイルを採っている。学生は大学名を伏せて登録でき、選考を通過すればエントリーシートなしで面接に臨むことができる。

企業の採用ニーズを受けてサイトがあらかじめ設定した「得意」「経験」は現在50種類。すでに数百人の応募がある。「そろばん一級」「ロボットコンテスト出場経験者」など専門スキルに関するものから、「リア充アニヲタ採用」「ツイッターマスター採用」などユニークなものも数多くある。

挫折経験が生きる「勝てない主将」「万年補欠」採用

特に目を引くのは、体育会系人材に関する企画だ。「県大会決勝悔し泣きキャッチャー採用」は、高校野球で県大会決勝戦にキャッチャーとして出場するも、敗退した経験のある人に限って登録が可能だ。

「紙一重の力で全国的な晴れ舞台には立てなかったけれども、実力はあのスーパースターとそこまで変わらないかもしれない」というのが、企画のコンセプト。世の社長にはキャッチャー出身者が多いという説もある。

「勝てないチームのキャプテン採用」は、大学時代、勝率が3割以下の体育会チームのキャプテンを1年以上務めていた人向け。「勝利というご褒美なしにチームをまとめ上げる」ことのできるキャプテンには、相当な能力が求められるという見立てだ。

大手商社などでは、強豪チームのレギュラーやキャプテンの経験が、就職に有利になるのはよく知られた話。チームプレーで高い結果を出してきた人材が、会社からも歓迎されるのは当然だろう。

とはいえ、血のにじむ努力を積み重ねても、勝負には時の運もあり、誰もが華々しい結果を出せるとは限らない。これまで、そんな過去を封印して就職活動に臨んできた人にとって朗報となるに違いない。

このほかスポーツ系では、いわゆる強豪チームに所属しながら試合出場が通算5回以下の人材が応募できる「強豪チームの万年補欠採用」や、全国レベルの大会で入賞経験のある競技者だった人材が応募できる「スポーツエリート卒業しました採用」などもある。努力をしながら挫折を味わった人を求める会社が多いようだ。

「社名を知らずに応募する学生」を欲しがる会社

このほか、20kg以上のダイエット成功経験向けの「ダイエット大成功採用」や、キャバクラやホストクラブでの勤務経験者向けの「ご指名No.1採用」、麻雀の強さに自信を持つ人向けの「雀鬼採用」などもある。通常の採用選考では隠しておきたいことでも、ここでは強みになる。

就職活動疲れで心が折れそうになっている人には、「選考100社経験者採用」がおすすめだ。会社説明会以降の選考(書類選考を除く)に参加した会社数が100社以上の人が応募できる。100社の証拠は、就活用の手帳の写真などでよい。

2012年春の卒業予定で、まだ就職先が決まらない人向けの募集もある。「2012年4月、理由あって無職予定採用」は、12新卒予定(既卒3年以内を含む)の人で、資格試験勉強や留学、学生ビジネス、ボランティアなどの活動をしていて、就職先が決まっていない人が登録できる。

現在ミートボウルに参加している会社は、63社。このうち社名を明かしているのは、タカラトミーやエイチ・エス証券など5社のみ。残りはどのような会社かと運営会社に問い合わせたところ、
「一般的な就活サイトに参加していない優良中堅企業もありますし、とても有名な会社もありますが、具体的な社名はお教えできません」

という回答だった。有名なら社名を明かした方が有利ではないかと思いきや、そういう会社は「社名を知らずに応募してくる学生」を欲しがっているのだという。会社が大きいから、有名だからというだけで殺到してくる学生たちには、会社はもう辟易しているのかもしれない。