先日のアカデミー賞では、映画『マリリン 7日間の恋』で主演女優賞の有力候補として注目を集めていた女優のミシェル・ウィリアムズ。授賞式のレッドカーペットでも、金髪のショートヘアに真っ赤なドレスを合わせて登場し、会場を華やかに盛り上げていたばかり。今やミシェルの定番となったショートヘア、実はそこにある思いが隠されていた。

『ELLE UK』誌のインタビューに、「ショートヘアに慣れちゃって、今はもうこれが本当の自分みたいな感じ。ロングヘアだったときがずいぶん昔のようだわ」と語っていたミシェル。「でもね、このヘアスタイルが素敵だと言ってくれるのは、ゲイの男性か女友達くらいしかいないの。(普通の)ストレートの男性は全員といっていいほど、ショートヘアの女性に見向きもしないわ」

そんなミシェルがあえて男性に人気のないショートにこだわっているのは? 「このヘアスタイルが好きだった、ある男性のために髪の毛を切ったの。ショートがすごく好きだったあの人を思い出すためにね」

もちろん"あの人"とは、最愛の男性だった故ヒース・レジャーのこと。彼が急性薬物中毒でこの世を去ってからすでに4年という歳月が流れているが、彼女の心の中には今でも、ヒースが生き続けているようだ。

ミシェルの話題作『マリリン 7日間の恋』は、日本でも3月24日に公開。彼女のセクシーモンローにぜひ期待したい。

また、ミシェルのヘア&ファッションの変遷がわかるフォトギャラリーはコチラからどうぞ。ありし日のヒースの姿も見られます。