メディアバンク株式会社 代表取締役/ ITライフハック編集長 関口 哲司

今やインターネットは生活の一部となってきているわけだが、その分、インターネット犯罪というのも横行している。世界的には、3人に2人のネットユーザーが何かしらの被害に遭っているというのだ。かくいう筆者も、ITニュースメディア「ITライフハック」の編集長であるが故に、インターネットを使わない日はなく、他人事ではない。

ネット犯罪対策として、パソコンにはセキュリティソフトを入れているわけだが、メインマシンはいまだに3年前のノートPCを使っている。古いマシンということもあり、パソコンで作業をしながらウイルスチェックを行うと、さすがにもたつきを感じていた。

そうした折りにシマンテックの「ノートン360 v6」をレポートしてみないか、とのお話を頂戴した。シマンテックといえば、セキュリティ業界の中でも老舗中の老舗であり、昔のパソコンでも軽快に動作すると聞いていたので、この企画に飛びついたわけだ。



驚くほど軽快なセキュリティ対策ソフト


早速、先日発売されたばかりの「ノート360 v6」を使ってみた。インストールは、画面の指示に従うだけでよいので、パソコン初心者でも戸惑うことはないだろう。

インストールが完了すると、「ノート360 v6」がマシンに自動的に常駐する。


「ノート360 v6」のメイン画面

コンピューターウイルスのスキャンの方法はいくつか用意されている。仕事中は主な領域を調べる「クイックスキャン」、就寝前に全体を調べる「完全スキャン」といった具合に使い分けることも可能だが、実際に使ってみたところ、3世代前のパソコンにも関わらず、驚くほど軽快に動作した。


システムの完全スキャンを実行しているところ


家族のためのセキュリティが可能


「ノートン360 v6」は一般的なセキュリティ対策ソフトの枠にとどまらず、さまざまな機能でユーザーを守る製品だ。すべての機能を紹介するのは困難だ。そこで今回は、とくに注目すべき機能にフォーカスしてみた。


1.家族の思い出をバックアップ - ノートン オンラインバックアップ
PCユーザーの中には、デジカメで撮影した写真や、お気に入りの音楽、動画をパソコン内に保存している人もいるだろう。パソコンは電化製品なので、これらのデータが何かの拍子に読み込めなくなることも十分に起こりうる。

そうした不測の事態に対処するための機能が「ノートン オンラインバックアップ」だ。


不測の事態に対処できる「ノートン オンラインバックアップ」

「ノートン オンラインバックアップ」とは、ファイル、音楽、写真、その他の重要なドキュメントを損失から自動的に暗号化して保存する機能だ。

同機能を利用すれば、これらのファイルをユーザーのパソコン以外の場所、あるいはシマンテックが用意したセキュリティ保護されたデータセンターに自動的にバックアップすることができる。

これにより、パソコンのハードディスクが動かなくなったり、人災や自然災害などでデータ損失事故が発生したりした場合でも、大事なファイルを迅速かつ簡単に回復することができるというわけだ。

初期設定では、ドキュメントの画像・音楽・会計ファイル・オフィス文書・連絡先・インターネットのお気に入りなどをバックアップの対象とするが、バックアップ元は自分で設定できるので、Dドライブを丸ごとバックアップといった使い方もできる。

使ってみて便利だと思ったことは、「ノート360 v6」はユーザーがパソコンを使っていないときに、バックアップシーケンスを実行してくれる点だ。これなら仕事の妨げになることもない。


バックアップ元やファイルの種類を設定できる


2. パスワードを一括管理 - ノートンIDセーフ
ブログやSNS、ネットショッピング、オンラインバンキングなどでは、パスワードやID、クレジットカード番号を入力する。そうした個人情報を、たったひとつのパスワードで一括管理できるのが「ノートン ID セーフ」だ。

一度登録した個人情報は、256ビットで暗号化して自動入力されるので、自分で管理するよりも安心というわけだ。


個人情報を一括管理できる「ノートン ID セーフ」


今までもパスワード管理ソフトを使ってきたが、使い勝手はイマイチだった。その点、「ノートン ID セーフ」は、ログイン情報やパスワードを入力したときに、それらの個人情報を保存できて便利だ。


ログイン情報やパスワードを入力したときに、それらの個人情報を保存できる


またブラウザのツールバーにあるIDセーフメニューで「設定」オプションを使えば、情報の入力や編集が可能なので、使い勝手がよい。


「設定」オプションを使えば、情報の入力や編集が可能だ


特筆すべき点は、今話題のFacebookにも対応している点だ。ニュースフィードをスキャンし、危険なダウンロードやウェブサイトへのリンクの有無を警告してくれたり、フェイスブックの友人にも警告をうながしたりすることができる。

3.子供たちを危険から守る - ノートン オンラインファミリー
子供がいるご家族に嬉しい機能が「ノートン オンラインファミリー」だ。子供たちがインターネットに費やす時間は、月平均 40 時間といわれている。決して有益な情報だけがあるわけではないインターネットには、子供には見られたくない情報が氾濫している。またソーシャルネットワークやチャットで、どのような人と付き合っているのかが気になる親御さんもいるだろう。


不不適切だと判断したサイトまたはサイ
トのカテゴリを遮断することができる
「ノートン オンラインファミリー」を利用すれば、子供たちが参照する Web サイトを確認でき、不適切だと判断したサイトまたはサイトのカテゴリを遮断することができる。


さらにインスタントメッセージやチャット、ソーシャルネットワークなどでの活動を確認できる。



子供たちが参照するWeb
サイトを確認できる
「ノートン オンラインファミリー」を利用するためには、「設定」から「保護者機能」を選択後、オンライン上でアカウントや子供たちの設定を行う。対話式の画面なので、必要事項を埋めていくだけでよい。

子供たちのパソコンにエージェントソフト(ノートン セーフティマインダー)をインストールしたら、「家族ルール」や「子供たちに守ってほしいルール」を設定する。



年齢別グループを選択すると、子供たちの
年齢にふさわしいサイトだけが選択される
Webサイトの設定では、遮断するサイトを設定できる。設定はひとつひとつ設定してもよいが、年齢別グループを選択すると、子供たちの年齢にふさわしいサイトだけが選択されるので、設定はお手軽だ。



1日あたりにパソコンを使える時
間や、使える時間帯を設定できる
また勉強に励んでほしい親御さんは、時間設定を利用すると、平日(月〜金)と週末(土・日)で1日あたりにパソコンを使える時間や、使える時間帯を、事細かに設定することができる。


かなり駆け足だったが、「ノートン360 v6」は高機能なセキュリティ対策ソフトであるうえに、使い勝手のよいソフトだ。3年前のノートPCにも関わらず、セキュリティ対策ソフトにありがちな、パソコンの動作がもたつくといったことがないのには驚いた。

さらにコンピューターウイルス対策だけでなく、大事なファイルのクラウドへのバックアップや、パスワードの一括管理、子供たちのためのPCを管理できる。

これらの機能は通常、別売のソフトを購入しなければならないが、「ノートン 360 v6」なら、これ1本ですべて済んでしまうわけだ。

この記事を読んで興味を持った人は、「ノートン 360 v6」の30日無料の体験版をシマンテックのサイトからダウンロードして試してみてはどうだろうか。現在、プレゼントキャンペーンを開催しているので、セキュリティ対策を検討している人は、導入を検討してみるのもよいかもしれない。

■関連リンク
「ノートン 360 バージョン6.0」30日無料体験版ダウンロード
「ノートン 360 バージョン6.0」プレゼントキャンペーン
ノートン×livedoor特集サイト
Sponsored