セイコーグループは2012年3月5日、世界初のソーラーGPSウオッチ「セイコーアストロン」を発表した。価格は15万2250円〜21万円で、12年9月下旬、世界同時に発売する予定。

独自開発のGPSモジュールが4基以上のGPS衛星からの電波によって緯度、経度、高度情報を特定し、現在地の時刻を表示する。地球上全39のタイムゾーンに対応しており、海上や砂漠、高い山の頂上などでも利用できるという。