1984年に公開され、瞬く間にヒットを飛ばしたSF映画『ゴーストバスターズ』。今年中には第3弾がクランクイン予定だったが、主演俳優が出演を辞退したためまたも危機に直面している。

1、2作でレイモンド・スタンツ博士役を演じ、脚本にも参加しているダン・エイクロイドは、ピーター・ヴェンクマン博士役で登場していたビル・マーレイが第3弾に戻ってこない可能性を昨年9月にも示唆していたが、このほど彼の意思を最終確認したという。

エイクロイドは2月初頭、英『エンパイア』誌に対し「ビル・マーレイは映画に出演しない。彼はもう、関わりたくないようだ。ビルには6人もの子供たちがいるし、全米各地に家もある。僕らは(映画作りで)楽しい時間を過ごしたけれど、彼にいつまでも関わってばかりいられない」とのコメントを寄せていた。

では『ゴーストバスターズ3』はどうなってしまうのだろうか? このまま、再び立ち消えに...と思いきや、エイクロイドは今すぐではないが、プロジェクトは引き続き進めていくことを明かしている。

「(制作が実現するかは)正直なところ、僕にも分からない。今の時点では"冬眠状態"なんだ。監督のアイヴァン・ライトマンやハロルド・ライミスは続けていくべきだと思っているようだし」

度重なるトラブルを乗り越え、ゴーストバスター復活なるか? 長年のファンにとっては今後も予断を許さない状況が続きそうだ。