120303NEWSmomo01.jpg先日は、立春も過ぎたというのに、東京の街並は真っ白な雪でおおわれ、ちょっと驚いたわよね。

ただこの時期の雪は、別名「春告げ雪」ともいわれていて、確実に春が間近に迫っていることを私達に伝えているようです。

さて、今日は「おひな祭り」♪
おひな祭りは、「女子のすこやかな成長を祈る」年中行事の一つですが、そんな日に気の合う女友達と、女子トークに花を咲かせるのも一興ですね。

そんな、ひな祭りに欠かせないのが「桃の花」。その愛らしいピンクのお花に魅せられますが、じつは 桃の花は桃太郎の鬼退治でも登場することでも知られるように、古くから邪気除けのお花としても使用されています。悪い気きから自分を守ってくれるお守り的存在でもあるのですね。

また、先日新作のフラワーエッセンスとして月桃が発売されました。月桃(ゲットウ)という名前から、桃のイメージが強いですが品種的には全く別物で、ショウガ科ハナミョウガ属(アルピニア属)の多年草です。

120303NEWSmomo02.jpg

日本では沖縄県から九州南部でみられるもので、沖縄県ではサネンとも呼ばれアロマオイルや香料や、虫除けとしても使用されています。

月桃の葉には、赤ワインの数十倍ものポリフェノールを含んでいるといわれ、胃腸の調子を整えたり、不眠、抑鬱、生理前症候群にも良いといわれ、メディカルハーブとしても人気です。

お花をじっくり観察すると、ほんのりとピンクに色づいた蕾状態で、ははちきれんばかりのみずみずし印象がありますが、開花するとその姿は一変。花の内側には、黄色と赤の模様が広がり、蘭のような妖艶さを備えています。

そんなイメージからこのエッセンスは、「純粋な乙女」を「自立した成熟した女性」へと覚醒さる役割があるといわれています。母性への目覚めや、芯の強さを与えてくれるエネルギーをかねそなえている印象がありますね。

さらにこのエッセンスは、満月の日に作られ月のエネルギーも秘められた特別なもの!

・何かに依存してしまいがちな女性
・仕事場でどうしても男性と張り合ってしまう女性
・生理不順でお悩みの女性
にオススメのフラワーエッセンスです。

おひな祭りには、桃にちなんで、月明かりの下で月桃の神秘のエネルギーに触れながら、日ごろ忘れがちな「女性性」を開花させてはいかがでしょう!

[月桃]
渋谷並木橋近くにあるフラワーエッセンス専門店「シャンドゥルール」にて発売中

text by TO-RU
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
toru_p.jpgフラワーエナジーを使ったフラワーセラピーやクリスタルボウルカウンセリングなどのヒーリングで活躍中。有名女優や、有名ヘアメイクアップアーティストにも顧客を持つ。


■ あわせて読みたい
首からさげる花粉症対策!?  いつでもどこでもイオンのパワーで空気をクリーンに
雑貨を買うようにグリーンを楽しむ! 食べられるものや、メッセージが込められた本タイプも
「冷え解消」と「上質な眠り」を手に入れる! 床から始める快適な空間づくり
はたらくことは、生きること。被災地に笑顔と仕事を届けるプロジェクト『EAST LOOP』に参加しよう
あの不快感をスッキリ! 「花粉症ナビ」であなたの花粉症タイプをチェックして春をもっと楽しもう♪