(株)LIXILは、地域出店計画の効率化を図るため、LIXILとLIXILビバ(本社:埼玉県上尾市、社長:豆成勝博)がそれぞれ展開していたプロユーザー向け会員制の建築資材卸売り店舗事業を2012年4月1日よりLIXILに統合する。
同事業は、これまでLIXILの「建デポプロ」とホームセンターを展開するLIXILビバの「建デポ」が、木材、金物、工具、電設資材など約3万点の品揃えで、プロユーザー向けの建築資材ワンストップショッピングの場として全国に出店を進めてきた。
LIXILは「建デポプロ」を2010年2月に東京都立川市に一号店を出店し、現在42店舗、会員数22万3000名の規模で展開している。一方、LIXILビバは「建デポ」を2009年に一号店を千葉県野田市に出店し、現在16店舗、会員数4万5000名で展開している。この両事業をLIXILの「建デポプロ」事業に一元化することで、全国58店舗、会員数約27万名の事業となる。
今後は2012年度(2013年3月)までに、全国で新たに25店舗を出店し、30万名超の会員獲得を目指すとしている。