<ミドル級/5分3R>
コンスタティノス・フィリッポウ(キプロス)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
コート・マクギー(米国)

左へ回って距離を取るフィリッポウ。マクギーが右を振るいながら前に出ても、目の前にフィリッポウの姿はない。続くマクギーの前進をカウンターで迎え撃ったフィリッポウは、自ら前に出て重い右ストレートを見せる。

マクギーもフィリッポウがバランスを崩したところで、空振りに終わったが唸るようなアッパーを繰り出す。再び距離を取り合う両者、マクギーの左ミドルをブロックしたフィリッポウは、右アッパー、右フックを繰り出す。

時折りスイッチを見せるフィリッポウは、左ジャブから右を打ち込む。残り1分、マクギーのテイクダウン狙いは失敗。フィリッポウは左フックに右を合わせるが、これも空振りに。残り30秒で再びテイクダウンを狙ったマクギーの試みを遮断したフィリッポウ、最後に左フックを受け、バランスを崩して初回を戦い終えた。

2R、左フックをいきない打ち込んだマクギー。距離を取ったフィリッポウはハイキックをかわして、左フックを放つ。前に出てきたマクギーに対し、フィリッポウが左右のフックで待ちうけ、さらに右ストレートをヒットする。左ジャブが伸びるフィリッポウ、マクギーの左ハイをブロックし、右フックから左を見せる。

パンチがヒットしてなお、距離を測るフィリッポウは、マクギーのダブルレッグダイブに対しても、腹を突きだしてスタンドをキープ。直後に左フックを打ち込む。マクギーの左ローに、右ストレートを合わせたフィリッポウは、残り2分となってもテイクダウンを切り、パンチで攻める。

マクギーは組みついても、倒せない状態が続き、フィリッポウのパンチに圧される展開が続く。前に出たマクギーに、フィリッポウの右アッパーがヒット。さらに左から右アッパーを打ち込む。マクギーは残り20秒を切って、またもダブルレッグで組みつくが、ここでもフィリッポウが切り、ペースを握ったまま2Rが終了した。

3R、ガードを固めるマクギー、その腕から左を打ち抜くフィリッポウ。マクギーは組みを続けて、削りたい。遠い距離から組みつこうとして、切られるマクギーは思い切って近距離でパンチの交換に挑む。

ここでマクギーの左ローがフィリッポウの急所に入り、試合が一時中断する。再開後、組みついたマクギーは、ハイクラウチで一度はテイクダウンを奪うが、すぐにフィリッポウが立ち上がる。

再び距離ができると、左へ回るフィリッポウにジャンピングニーをマクギーが見せるが、これは当たりが浅い。マクギーの右ローに、左フックを合わせてフィリッポウは続いて右をヒットさせる。

左回りのフィリッポウを右ハイで止めようとするマクギー、対してフィリッポウは左ローを蹴り込む。右を伸ばし、シングルレッグを見せたマクギーは、離れ際に右ストレートを放つが、これも空振りに。

判定を考えると、手数が少ないフィリッポウ。残り20秒を切って、テイクダウン狙いを切って首相撲の体勢になるも、それ以上のパンチは見せないままタイムアップへ。僅差の攻防を繰り広げた両者、判定は3-0でフィリッポウに凱歌が挙がった。