<ライトヘビー級/5分3R>
ジェイムス・テフナ(豪州)
Def.1R2分8秒 by TKO
アーロン・ロサ(米国)

左から右を伸ばすロサに対し、左ローを見せるテフナ。距離が近づくと、鋭いフックとアッパーが交錯し、テフナがロサをケージに押し込む。左を差したテフナは、右から距離をとり、右アッパーから左フックを打ち込む。

左目尻をカットし、大量の流血に追い込まれたロサは、ショートアッパー、ショットフックを受け、さらに左右のフックを受けると、しゃがみ込んで背中をマットにつけてしまう。右のパウンドをモロに顔面に受けたロサ。体が伸びて防御できなくなった彼の顔面に容赦なくパウンドを連打したテフナが、128秒TKO勝ちを手にした。