<ミドル級/5分3R>
アンドリュー・クレイグ(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
カイル・ノーク(豪州)

試合開始直後に組みついてテイクダウンを奪ったノークに、オーストラリアのファンが大きな声援を送る。亀の態勢で背中を付けないで耐えていたクレイグに強引にノークがリアネイキドチョークを極めにいくが、クレイグが立ち上がる。

バックを取ったままノークは、強引に後方に投げ捨て、リアネイキドチョークを再び仕掛けるが、力み過ぎか。チョークを逃れたクレイグは、ガードを取りなおす。三角を凌いだノークは、重いパウンドを落とすが、クレイグはシザースイープを仕掛け、ハーフから背中を預けつつ立ち上がる。

ダブルレッグダイブでテイクダウンを狙ったノークだが、直後に打撃の間合いに戻る。左ジャブを伸ばし、組みつこうとするノークは、息を整えつつ右ミドルを伸ばす。クレイグも右フックを打ち込み、スタンドでは互角の展開に。

2R、クレイグの右ロー、左ジャブに距離を測っていたノークは、左ローを見せる。パンチが交錯する際に、頭が下がるのが気になるノーク。前蹴りで距離を取り、左ローを放つ。左ジャブから前に出るクレイグは、右フックを受けながら、至近戦になると連続でパンチを伸ばす。

ノークはシングルレッグでドライブするも、豪快過ぎる仕掛けにバランスを崩し、引き込むようにガードへ。ハーフのノークは、フルガードに戻す。腰を上げてクレイグがパウンドを落とすが、あまり勢いはない。足を一本抜こうとするクレイグに、三角絞めを狙うノークだが、距離が合わず逆にパウンドを受ける。

蹴り上げに対し、自ら立ち上がったクレイグは、バランスを崩したように倒れたノークからトップを再び奪う。ハーフからエルボーを落としたクレイグが、2Rを取りかえした。最終回、ノークは左ローを見せるが、打ち合わないでテイクダウンを奪いたいところ。対するクレイグは、左ジャブから左フックを伸ばす。ステップバックから前蹴りを見せるノークだが、その前蹴りに右ストレートを合わされ、尻餅をつく。

左から右フックを打ち込んだクレイグ、ノークのシングルレッグを潰してパウンドを落とす。逆に差し上げテイクダウンを仕掛けるなど、揺さぶりを掛けるクレイグは続くノークのシングルも切り続ける。

ノークはシングルからボディロックに移行し、テイクダウンを奪取するが、クレイグはバックを許すことなく立ち上がる。残り1分30秒、クレイグが逆にダブルレッグでテイクダウンを奪取。背中をつけたノークが腕十字を狙うが、クレイグはパウンドを落とす。

ケージを背にしてなお、顔面を殴られ立ち上がることができないノークは、ここで亀の態勢になり後からパンチを受ける。前転しながらヒザ十字を狙ったノークだったが、これを察知したクレイグがパウンドを落としながら、タイムアップの時を迎えた。

結果、ジャッジ3者とも29-28でクレイグを支持し、UFC初陣で逆転勝利を挙げた。