東日本大震災から約1年を迎え、漫画家たちが「ストーリー311」というプロジェクトを始動させる。

 このプロジェクトは、被災地での悲しい出来事、厳しい生活、地域とのつながりなど、現地で生まれた様々な物語を漫画に残し "語り部"的な役割を果たすことはできないだろうか、という漫画家たちの思いから生まれたもの。プロジェクトの発起人は漫画「ホタルノヒカリ」などの作者である、ひうらさとるで、この声に小畑友紀や新條まゆら人気漫画家が賛同。ボランティア団体「ユナイテッドアース」の協力のもと被災地を取材し、執筆した。

 掲載には女性向け漫画雑誌Kiss編集部が協力し、漫画連載ホームページ『デジキス』にスペースを提供。毎月1回、11日に『デジキス』上で、各漫画家が持ち回りで連載する。第1回の3月11日はひうらさとるが担当し、4月11日は末次由紀、5月11日はさちみりほ、と続く。来年2月11日まで、1年間連載する予定となっている。

 一年後には連載をまとめ、単行本になる予定。来年3月11日に刊行する単行本は、その印税全額を被災地に寄付する。

【ストーリー311概要】
●掲載媒体:講談社「デジキス」
●連載ペース:月1回、毎月11日更新予定
●単行本:2013年3月11日刊行予定
●執筆予定作家:ひうらさとる、上田倫子、うめ、おかざき真里、岡本慶子、小畑友紀、さちみりほ、新條まゆ、末次由紀、稚野鳥子、ななじ眺、東村アキコ、樋口橘







■ 関連記事
『ホテルのバーで電子書籍イベント−作家・石田衣良さんを囲み読書会』(2012年2月25日22:15)
『トップランナーが行う心理戦。瀬古利彦さんが得意としたレース中の揺さぶりとは』(2012年2月25日15:00)
『本州では129年ぶり! 世紀の天体ショーを見逃さないで』(2012年2月24日17:00)


■配信元
WEB本の雑誌