『ハリポタ』シリーズも終わり、女優業と並行して大学生活を送っているエマ・ワトソン。だがしばらくの間は、学生よりも女優としての日々が続きそうだ。

<moviefone>によると、エマは現在ソフィア・コッポラ監督の新作『The Bling Ring』への出演を考えているという。

同作は、実際に起きたセレブを狙った窃盗事件をテーマにしたもの(被害者はパリス・ヒルトンやリンジー・ローハンなど)。エマの役柄は現時点では不明。ソフィアはまた、兄のロマン・コッポラや映画『SOMEWHERE』でタッグを組んだユーリー・ヘンリーとともに脚本と製作を担当するという。撮影は『SOMEWHERE』と同じく、ロサンゼルスで行なわれる予定だ。

一方、エマは新作映画『The Perks of Being a Wallflower』の撮影が終わったばかりで、『ハリポタ』のデヴィッド・イェーツ監督と『Your Voice In My Head』で再タッグを組むとウワサされている。

また、先日の第84回アカデミー賞でミシェル・ウィリアムズが主演女優賞にノミネートされるなど話題を集めた『マリリン 7日間』の恋にも出演しており、こちらは3月24日(土)から日本公開される。

オックスフォード大学に入学したエマ・ワトソン