ダスキン フランチャイジー対象にフィルム施工研修会実施

写真拡大

(株)ダスキン サービスマスター(プロのお掃除サービス)事業部門主催の「日射調整フィルム施工技術研修会」が2月27日、フランチャイジー対象に、横浜の同社南関東地域センターで開催された。
研修会は、同社のサービスマスター推進部による、コングロマリット的な会社説明ではじまり、住友スリーエム(株)が3つのテーマで事前説明を行った。1つ目は大震災後、節電や安全対策として注目され、需要が予想以上に盛り上がっていること。2つ目は、窓用フィルルム「マルチレイヤーNanoシリーズ」の製品コンセプト。3つ目は、3Mとダスキンとの連携強化で、ガラス清掃、養生といった既得技術の活用とクリーニングサービスの実績の活用を期待。それをベースに、一般住宅、特に中小規模の商業ビルへの販売体制の強化を図る。

ダスキンでは、昨年1月から、取扱い店舗数409店で、このサービスを開始したが、2012年度の売上は、500店舗に増やして、135%増の1億5000万円を見込む。
施工実演は、3Mと、フランチャイズの技術者による指導のもとで、噴霧器や水切りなど使い実施された。